2007年12月21日

Microsoft Filter Pack

 追加の IFilter パックがリリースされていました。

・2007 Office System Converter: Microsoft Filter Pack
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=60C92A37-719C-4077-B5C6-CAC34F4227CC&displaylang=en>

MOSS 2007 だけでサポートされていた、2007 Office での新しいファイル形式だけでなく、Visio や OneNote のファイルのサポートが含まれています。
ちなみに、OneNote については、従来、OneNote をサーバーにセットアップすることでサポートされていました。

このフィルタパックは、32ビット版と64ビット (x64) 版が含まれているようです。
また、言語のサポートに日本語が含まれているようなので、こちらのセットアップで日本語環境でも使えるようです。

サポート対象のファイル形式、サポート対象の製品・プラットフォームなどについては、こちらのブログ記事が詳しいです。

・MS Filter Pack released !
<http://blogs.msdn.com/ifilter/archive/2007/12/19/ms-filter-pack-released.aspx>

セットアップした結果については、何れ、レポートしたいと思います。

ツール MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール

2007年11月01日

System Center Data Protection Manager 2007

 バックアップとリカバリという観点で気になる。

こちら (→ バックアップ & リカバリ集大成) で紹介したホワイトペーパーに書かれているのですが、Data Protection Manager の新しいバージョンである System Center Data Protection Manager 2007 では、従来のファイルサーバーだけでなく、Exchange Server や SQL Server などのアプリケーションもサポートされていて、その中に、SharePoint Server 2007 も含まれています。

US の製品サイトでは、DPM 2007 に関する情報が公開されつつあります。 但し、SharePoint Server 2007 に関する情報はほとんど無いですね。
SQL Server や Exchange Server に関するホワイトペーパーはあるようですが・・・

・Microsoft System Center Data Protection Manager
<http://www.microsoft.com/systemcenter/dpm/default.mspx>

残念ながら日本のサイトは DPM 2006 の情報しかないようです。

・Microsoft Data Protection Manager
<http://www.microsoft.com/japan/systemcenter/dpm/default.mspx>

現時点では、US の DPM の TechCenter にトピックがあるのみです。 貴重な情報ですね。

・System Center Data Protection Manager TechCenter
<http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb795539.aspx>
・Managing Protected Servers Running Windows SharePoint Services
<http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb795864.aspx>

ファーム、サイト、アイテムという観点での情報がありますが、MOSS 2007 製品としては、シングル サーバー構成を除いてファームの復旧方法が無いようなので、特にファーム単位のリカバリでは、どのような前提条件とどのような形で復旧が出来るのかが非常に興味があるところです。

ツール MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール

2007年09月30日

SharePoint Migration Framework

 何だか、月末更新が続いてしまっています・・・

以前は、GotDotNet にて公開されていた (→ SharePoint Import Export tools) が、MOSS 2007 対応した形で CodePlex にて公開されています。

・SharePoint Migration Framework
<http://www.codeplex.com/SPMigration>

今の所は、以下の5つのツールが公開されています。

・SPS 2001 からのエクスポート (SharePoint 2001 Data Extractor)
・SPS 2003 からのエクスポート (SharePoint 2003 Data Extraction Tool)
・SPS 2003 へのインポート (SharePoint 2003 Importer)
・MOSS 2007 へのインポート (SharePoint Importer)
・ファイルサーバーからのエクスポート (FileShare Data Extractor)

ホームページを見る限りでは、他に Exchange パブリックフォルダからのエクスポートもあるようなのですが、今の所は公開されていません。

実は、SPS 2001 からの移行という案件があって、ちょっと調べていました。
通常、サポートされるアップグレードパスは、SPS 2001 から SPS 2003 へ移行またはアップグレードを行った後に、MOSS 2007 へアップグレードするという2段階のプロセスになります。 確かに、セオリーなアプローチなのですが、アップグレードのためとは言え、わざわざ、SPS 2003 を構築して移行しなくてはならないのは面倒なんですよね。

そこで、ダイレクトに SPS 2001 から MOSS 2007 へ移行可能だと良いな〜と期待を込めて調査を行っていました。

・SharePoint 2001 Data Extractor
SPS 2001 Extractor.png

しかしながら、今の所、芳しくありません。
苦労してセットアップしてみた所、残念ながら日本語環境の SPS 2001 のデータをエクスポート出来ませんでした。

まっさらなワークスペースであればエクスポートは成功しますが、1つでもファイルがあると失敗してしまいます。
ソースコード一式も公開されているので、引き続き、調査を続けたいと思います。

ツール MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール

2007年05月21日

待望の 64bit IFilter 対応?

 残念ながら、本家のアドビからではありませんでした・・・

気が付けば、最近のサーバー CPU は全て 64bit 対応になっているんですね。 もちろん、x64 アーキテクチャにおいてという前提条件はありますが。
MOSS 2007 も 64bit ネイティブサポートされていますが、残念ながら、事実上、必須となる PDF IFilter が 64bit サポートされていない関係で、インデックス作成の役割を担うサーバーは 64bit OS 化出来ない事情がありました。 (→ 64bit IFilter 対応)

そこへ 3rd パーティ製ではありますが、64bit 対応された PDF IFilter がリリースされました!
しかも、中国語、日本語、韓国語もサポートされているらしい!!

元ネタはこちらです。

・Long awaited 64-bit PDF IFilter finally available.
<http://blogs.msdn.com/ifilter/archive/2007/05/10/long-awaited-64-bit-pdf-ifilter-finally-available.aspx>

自分でも確認してから記事にしようと思いつつ、なかなか試せずに見切り発車で書いてしまいました。 また、kazika さん、コメント有難うございます!
部内の他の人が試した限りでは、特に問題は無かったらしいです。

ちなみに、こちらからダウンロード出来ます。

・Foxit PDF IFilter
<http://www.foxitsoftware.com/pdf/ifilter/>

デスクトップ環境ではライセンスフリーのようですが、サーバー環境で利用するにはライセンスの購入が必要のようです。
但し、価格などの記載は無く、メールで問い合わせしてくれ、ということのようです。

ツール MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 23:26| Comment(1) | TrackBack(0) | ツール

2007年05月18日

サンプル マスタページ 12種

 少し前に公開されていたものです。

元ネタはこちら。

・20 sample Master Pages for the "Fantastic 40" Application Templates for WSS 3.0
<http://blogs.msdn.com/sharepoint/archive/2007/04/17/20-sample-master-pages-for-the-fantastic-40-application-templates-for-wss-3-0.aspx>

4スタイル×5色で20のサンプル マスタページということのようです。
テーマはあくまでもデザインだけの変更ですが、マスタページの場合はデザインと構成要素の配置も変更出来ます。
ちなみに、マスタページの作成には、SharePoint Designer 2007 が必要になります。

サイト コレクション毎にセットアップが必要になりますが、お手軽に見栄えを少しアレンジする場合には、標準のテーマに比べると比較的色合いがシンプルなので、割と使えるかなと思います。
セットアップにも SharePoint Designer 2007 が必要になりますので、念のため。

サンプル マスタページは、こちらからダウンロード出来ます。

・Windows SharePoint Services 3.0 Sample: Example Master Pages
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=7c05ca44-869a-463b-84d7-57b053711a96&displaylang=en&tm>

また、こちらに簡単なサンプル マスタページの説明と画面イメージの紹介があります。

・Sample master pages overview
<http://office.microsoft.com/en-us/sharepointdesigner/HA102223711033.aspx>

ツール MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール

2007年05月15日

WSS 3.0 アプリケーション テンプレート ページ 日本語版

 テクニカル ライブラリのアップデートに関連して、TechNet をチェックしていて発見しました。 (→ SharePoint Server 2007 テクニカル ライブラリ オンラインの日本語版が公開に)

以前に紹介した、WSS 3.0 アプリケーション テンプレートの紹介ページの日本語版が公開されていました。 (→ サーバー管理者向けテンプレート 20種類公開!)
少しでも、日本語の情報が増えることは喜ばしいことです。

・Windows SharePoint Services 3.0 の新しいアプリケーション テンプレート
<http://www.microsoft.com/japan/technet/windowsserver/sharepoint/wssapps
/templates/default.mspx
>
・ビジネス分野別にグループ化された Windows SharePoint Services のアプリケーション テンプレート
<http://www.microsoft.com/japan/technet/windowsserver/sharepoint/wssapps
/templates/overview.mspx
>
・Windows SharePoint Services アプリケーション テンプレート リソース センター
<http://www.microsoft.com/japan/technet/windowsserver/sharepoint/wssapps
/templates/resources.mspx
>
・Windows SharePoint Services 3.0 のアプリケーション テンプレートについてよく寄せられる質問
<http://www.microsoft.com/japan/technet/windowsserver/sharepoint/wssapps
/templates/templatefaq.mspx
>

ちなみに、本家の方は、テンプレートの説明やデータシートが追加で公開されていました。

・Application Template Descriptions
<http://www.microsoft.com/technet/windowsserver/sharepoint/wssapps/templates
/descriptions.mspx
>
・Application Template Datasheets
<http://www.microsoft.com/technet/windowsserver/sharepoint/wssapps/templates
/datasheets.mspx
>

確かに、テンプレートだけじゃ判り難い所もありますからね〜

ツール MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール

2007年04月09日

Colligo Reader for SharePoint

 なかなか優れものツール。 しかもフリーなんて・・・ (涙;)

MOSS 2007 (もちろん、WSS 3.0 も含まれます。) のサイトをオフラインでも参照したい時に便利なツールです。
登録は必要ですが、無償ツールです。

・Colligo Reader for SharePoint
<http://www.colligo.com/products/sharepoint/reader_home.asp>

2007 Office では、Access 2007、Groove 2007、Outlook 2007 の機能により SharePoint サイトをオフラインで参照することが可能になっていますが、どれも一長一短なんですよね。 Groove もマイクロソフトに買収される前のバージョンは良く出来たツールでしたが、新しいバージョンではライブラリのオフライン機能に特化されてしまったので、かなり残念。

それに比べると、Colligo Reader for SharePoint は1つのツールでライブラリ、リストのオフラインが参照可能なので、とっても便利そう。 ちょっと試した限りでは日本語も問題なく扱えています。 SPS 2003/WSS 2.0 も使えるようです。

こんな比較表もあります。

・Tabulating offline SharePoint 2007 solutions
<http://weblogs.asp.net/sbchatterjee/archive/2006/09/07/Tabulating-_2600_quot_3B00_offline_2600_quot_3B00_-SharePoint-2007-solutions.aspx>

ちなみに、Colligo Reader for SharePoint は参照のみの機能になりますが、有償ライセンスとなる Colligo Contributor for SharePoint では更新やアップデートなどの双方向の同期が出来るようになるなど、フルセットの機能になっています。

・Colligo Contributor for SharePoint
<http://www.colligo.com/products/sharepoint/contributor_home.asp>

Colligo Reader for SharePoint と Colligo Contributor for SharePoint の機能セットの違いはこちらにあります。

・Colligo Contributor for SharePoint | Features
<http://www.colligo.com/products/sharepoint/contributor_productfeatures.asp>

元々、こちらで紹介しているものを発見していたのですが、SharePoint MANIACS の saruhiko さんに先越されました・・・

・Two extremely useful (and free!) SharePoint addons...
<http://blogs.msdn.com/sharepoint/archive/2007/02/21/two-extremely-useful-and-free-sharepoint-addons.aspx>

こんなに良いツールを無償で公開していることに感謝!

・Colligo Networks
<http://www.colligo.com/>

ツール MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール

2007年03月30日

Windows SharePoint Services 3.0 Tools: Visual Studio 2005 Extensions

 そう言えば、公開されたいたんですよね。 (→ Visual Studio 2005 extensions for Windows SharePoint Services 3.0, November CTP)

MOSS 2007 および WSS 3.0 向けに、Web パーツの開発をはじめとして、サイト定義やリスト定義を作成するための開発支援ツールとしての位置付けになります。
ダウンロードページの概要によると、カスタムフィールドやコンテンツタイプも開発するためのテンプレートも含まれているようです。

・Windows SharePoint Services 3.0 Tools: Visual Studio 2005 Extensions
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=19f21e5e-b715-4f0c-b959-8c6dcbdc1057&displaylang=en>

このアドインを使って、作ってみたい Web パーツがありますが、本業が忙しくて、なかなか時間が無い・・・

ツール MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 07:30| Comment(1) | TrackBack(0) | ツール

2007年03月27日

SharePoint Server 2007 言語パック

 今頃になって、ダウンロードセンターに公開されています。

今まで、MVLS (Microsoft Volume Licensing Services) というサイトからダウンロードするしかなかった、SharePoint Server 2007 言語パックがダウンロードセンターにて公開されていました。

・SharePoint Server 2007 Language Pack (x86)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=2447426b-8689-4768-bff0-cbb511599a45&DisplayLang=ja>

こちらのリンク先は日本語版になりますが、今の所、アラビア語、タイ語、ヒンディー語、ヘブライ語、英語、韓国語、中国語(簡体)、中国語(繁体)、日本語の9言語が公開されています。
注記によると、こちらは、試用目的でのみ利用可能なようです。 本番環境への導入には、従来どおり、MVLS のサイトからダウンロードするべきなのでしょう。

ちなみに、これら以外の言語 (ヨーロッパ系など) や、64ビット環境 (x64) 向けについては、やはり MVLS のサイトからダウンロードする必要があります。

なお、WSS 3.0 向けの言語パックは別になるので注意が必要です。 (→ 言語パックについて)

何はともあれ、お手軽に言語パックを利用した構成が評価出来る点は良いことです。 (→ 言語パックいろいろ)、(→ バリエーションの構成)

ツール MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール

2007年02月28日

MOSS 2007 対応のウィルス対策ソフト

 今更ながら?

現時点では、MOSS 2007 に対応したウィルス対策ソフトは Forefront Security for SharePoint のみのようです。

・Microsoft Forefront Security for SharePoint
<http://www.microsoft.com/japan/forefront/serversecurity/sharepoint/default.mspx>

評価版はこちらからダウンロードできます。 ちなみに、Windows Live ID の登録が必須のようです。

・Forefront Security for SharePoint: 120 日間限定試用版のダウンロード
<http://www.microsoft.com/japan/forefront/serversecurity/sharepoint/download.mspx>

こちらでは、登録無しでダウンロード可能です。

・Microsoft Forefront Security for SharePoint - 日本語
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=e06453b8-b2dd-4177-969c-2f89aa841e11&DisplayLang=ja>

ちなみに、Forefront Security for SharePoint 向けの MOM 2005 (Microsoft Operations Manager 2005) 用管理パックについてもリリースされているんですね。

・MOM 2005 用 Microsoft Forefront Security for SharePoint 10.0 管理パック
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=749bcfbe-acdd-40f9-a173-c60c94cb385a&DisplayLang=ja>

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール

2007年02月27日

Community Kit for SharePoint User Group Edition 1.0 リリース

 つい先日リリース候補版が公開されたと思ったら・・・

以前にプロジェクトだけ紹介した (→ Community Kit for SharePoint) ですが、バージョン 1.0 がリリースされたようです。
こちらからダウンロード出来ます。

・Release UGE 1.0 Production
<http://www.codeplex.com/CKS/Release/ProjectReleases.aspx?ReleaseId=1926>
・CodePlex - CKS
<http://www.codeplex.com/CKS/>

デモサイトはこちらにあります。

・Community Kit for SharePoint User Group Edition 1.0 デモサイト
<http://sharepoint.microsoft.com/sharepoint/cks/uge/default.aspx>

ダウンロード可能なのは .stp ファイルのみ!
当然ですが、英語版なので日本語版環境では使えませんね・・・

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール

.STP Language Converter

 ふむ、こ〜いうツールがあったのか〜

通常、サイトテンプレートは言語IDが埋め込まれているので同じ言語環境でしか利用出来ません。
このツールは、サイトテンプレートの言語IDを書き換えてくれるようです。

・.STP Language Converter
<http://www.kwizcom.com/ContentPage.asp?PageId=165>

これがあれば、英語版のサイトテンプレートでも日本語環境で簡単に使えるようになりますね。
もっと早く知っていれば・・・

ちなみに、.stp ファイルは拡張子を .cab に変えると中身が見られるって知ってました?
サイトテンプレートの定義の実体は manifest.xml なんですよね。

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール

2007年02月23日

サーバー管理者向けテンプレート 20種類公開!

 あれ2週間・・・ 意外と早かった?

サイト管理者向けテンプレート20種類に続いて (→ WSS 3.0 用アプリケーション テンプレート)、サーバー管理者向けのテンプレート20種類が公開されました。

・New Application Templates for Windows SharePoint Services 3.0
<http://www.microsoft.com/technet/windowsserver/sharepoint/wssapps/
templates/default.mspx
>

ちなみに、各テンプレートの説明が記載されたページはこちらにあります。

・Application Template Descriptions
<http://www.microsoft.com/technet/windowsserver/sharepoint/wssapps/
templates/descriptions.mspx
>

こちらが、今回公開されたサーバー管理者向けのテンプレート20種類です。

・Absence Request and Vacation Schedule Management (日本語版: 欠勤届および休暇スケジュール管理)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=56406562-01f9-4a18-9924-2dc0684232c8&DisplayLang=ja>
・Budgeting and Tracking Multiple Projects (日本語版: 複数プロジェクト予算・進捗管理)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=04fda604-bab0-4e43-8b88-38101dfe121a&DisplayLang=ja>
・Bug Database (日本語版: バグ データベース)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=c72d23af-f556-47aa-a6f2-0027246a9928&DisplayLang=ja>
・Call Center (日本語版: コール センター)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=4eab254b-f775-476d-83a7-a232dd3a21f4&DisplayLang=ja>
・Change Request Management (日本語版: 変更依頼管理)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=7bcea3bd-fe37-4532-a58b-051da6a6900a&DisplayLang=ja>
・Compliance Process Support Site (日本語版: 法令遵守プロセス サポート サイト)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=e272a569-6c3e-4a35-baed-de24264e9d2a&DisplayLang=ja>
・Contacts Management (日本語版: 連絡先管理)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=86eaf23e-7606-4c7a-bd45-3a9fcf861183&DisplayLang=ja>
・Document Library and Review (日本語版: 閲用ドキュメント ライブラリ)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=02c4d1b4-7d53-4b72-b577-3da23f86ec17&DisplayLang=ja>
・Event Planning (日本語版: イベント企画)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=cb44f5d2-19bf-48b1-9154-cc5d66513195&DisplayLang=ja>
・Expense Reimbursement and Approval (日本語版: 経費精算・承認)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=380DCE97-4585-4DAF-A17E-35CF1109EF5B>
・Help Desk (日本語版: ヘルプ デスク)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=CE90D6D7-7B96-47BF-A22F-A7E8C5D40647>
・Inventory Tracking (日本語版: 在庫管理)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=7E45A0F5-68E9-4E1F-9279-28981F5C7053>
・IT Team Workspace (日本語版: IT チーム ワークスペース)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=3A69CF29-0010-42DE-AEA5-D9AC8D57BFBA>
・Job Requisition and Interview Management (日本語版: 求人・面接管理)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=B193C98B-562E-43DF-9EDF-25C674A9CA90>
・Knowledge Base (日本語版: サポート技術情報)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=BC4E5C4E-FBBB-4666-8E32-C4CEE09E1FE6>
・Lending Library (日本語版: 貸出図書)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=89514708-E33C-4EA7-8AF2-C04B3657B27B>
・Physical Asset Tracking and Management (日本語版: 物的資産管理)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=AA0CBE99-06B8-4A8D-93FD-A48E66410544>
・Project Tracking Workspace (日本語版: プロジェクト管理ワークスペース)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=F9B98691-4D6B-4382-A415-0F8D3080DFC1>
・Room and Equipment Reservations (日本語版: 部屋・備品の予約)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=3CF62351-D91D-44EE-9169-68303C205292>
・Sales Lead Pipeline (日本語版: 潜在顧客管理)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=A9C1228A-832C-4E88-A864-4B8800B8CD02>

() 付きで、日本語版の名称を付記しています。 ここにリストしているテンプレートについては、全て日本語版が提供されています。
なお、リンク先も日本語版の方にしています。

上記、テンプレートのセットアップの前に必ずこちらの「アプリケーション テンプレート コア」のセットアップが必要です。

・Windows SharePoint Services 3.0 アプリケーション テンプレート: アプリケーション テンプレート コア
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=c1039e13-94da-4d7d-8cae-3b96fa5a4045&DisplayLang=ja>

アプリケーション テンプレート コアと20種類のテンプレートが全てをまとめてダウンロードする場合はこちらです。

・Windows SharePoint Services 3.0 アプリケーション テンプレート: 全サーバー管理テンプレート
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=aae4cb5a-91d2-4f1b-9a45-3bb894e218f8&DisplayLang=ja>

banner-tbp-sharepoint.gif
追記を読む
posted by kunitaka at 00:39| Comment(4) | TrackBack(0) | ツール

2007年02月19日

Best Practices Analyzer for WSS 3.0 and MOSS 2007

 Best Practices Analyzer の SharePoint Server 2007 用がリリースされたようです。

データベース、レジストリ、IIS メタベース、パフォーマンス モニタ等の設定情報を分析してレポートしてくれるツールのようです。

・Microsoft Best Practices Analyzer for Windows SharePoint Services 3.0 and the 2007 Microsoft Office System
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=cb944b27-9d6b-4a1f-b3e1-778efda07df8&displaylang=en>

日本語環境で動作するかは不明です。

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール

2007年02月12日

MOSS Query Tool

 SharePoint Query Builder Tool の MOSS 版が公開されていました。

以前に紹介していた SPS 2003 用の検索クエリー作成用ツール (→ SharePoint Query Builder Tool) の MOSS 版が既に公開されていました。
作者は SharePoint Query Builder Tool と同じようです。

・GotDotNet User Sample: MOSS Query Tool
<http://www.gotdotnet.com/Community/UserSamples/Details.aspx?SampleGuid=89b3cda7-aad9-4919-8faf-34ef9b28c57b>

ちなみに、SharePoint Query Builder Tool でも SPS 2003 上でサーバー名を MOSS 2007 に指定することで実行することは可能でした。
しばらく、このツールが公開されていることを知らずに、無理矢理使っていました。

SPS 2003 と MOSS 2007 では検索 SQL 文の仕様が一部変更になっているので、MOSS 2007 に対応したツールがあることは有難いです。

・FROM Clause in Enterprise Search SQL Syntax
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms547531.aspx>

特にセットアップは無くて、圧縮ファイルを解凍して、MossQueryTool.exe を MOSS 2007 が動いているサーバー上で実行するだけです。
実際にクエリーを投げる方法についても、SharePoint Query Builder Tool に比べてシンプルになっています。

MOSSQueryTool1.png

まずは右上の「Get」ボタンを選択します。 そうすると、「Scopes」リストとプロパティ一覧が展開されます。
次に、「Keywords」テキストボックスに、任意の検索キーワードを入力します。
そして、「Scopes」リストの下の「Make SQL」ボタンを選択します。 そうすると、「Scopes」リストの斜め横のテキストボックスに SQL 文が展開されます。
後は、「Run Query」ボタンを選択するだけです。

MOSSQueryTool2.png

なお、「Scopes」リストは特に選択する必要はありません。
また、プロパティも選択する必要はありません。 自動的に、Title, Rank, Size, Description, Write, Path が選択されます。
検索キーワードには日本語を指定することも出来ます。

利用する際の注意点としては、検索条件やキーワードの設定を変更した際には必ず「Make SQL」ボタンを選択する必要があります。
そうしないと検索 SQL 文がアップデートされません。

検索結果を XML で表示するだけでなく、データセットで表示することが出来たり、検索 Web サービスへのリクエストボディも展開されてくれたりと、使い勝手も良くなっています。
検索クエリーを試す際はもちろん、カスタム検索を利用するアプリケーション開発には必須のツールと言えます。

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 21:32| Comment(3) | TrackBack(0) | ツール

XML Notepad 2007

 直接的には SharePoint とは関係ありませんが・・・

Windows XP 以上で、.NET Framework 2.0 が必須という条件がありますが、フリーの XML 編集用エディタです。
英語版しかありませんが、日本語を問題なく扱うことが出来るようです。

・XML Notepad 2007
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=72d6aa49-787d-4118-ba5f-4f30fe913628&DisplayLang=en>

MOSS 2007 では定義ファイルの多くが XML ベースになっているので、編集する際には利用出来そうです。
セットアップすると、右クリック メニューに「Edit with XML Notepad」という項目が追加されます。
XMLNotepad2007-1.png

実際に XML Notepad にて XML ファイルを開いたところ。
XMLNotepad2007-2.png

これは、拡張子アイコンを定義している DOCICON.XML を開いた例ですね。

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 20:33| Comment(0) | TrackBack(1) | ツール

2007年02月07日

管理パックの概要

 主な監視項目について・・・

管理パック (→ SharePoint Server 2007 管理パック for MOM 2005)、(→ Windows SharePoint Services 3.0 管理パック for MOM 2005 日本語版リリース) をダウンロードしてセットアップすると、管理パック ガイドが展開されます。

それぞれの管理パックの主な監視項目は以下の通りです。

●WSS 3.0 管理パック
・Active Directory
・IIS
・Information Rights Management
・Web パーツとイベント ハンドラ
・タイマ
・データベース
・バックアップと復元
・パフォーマンス
・展開とトポロジ
・検索
・状態監視とサービス検索
・診断システム
・認証
・電子メール

●MOSS 2007 管理パック
・Excel Services
・InfoPath Forms Services
・Single Sign On Service
・コンテンツ管理と公開
・ビジネス アプリケーション
・ユーザー プロファイルと個人用の設定
・検索

詳細は、この管理パック ガイドを参照して頂く必要があります。
また、もっと詳細は実際に MOM 2005 の管理コンソールにて、管理パックのインポートを行って、展開されたルールを参照して頂く必要があります。

posted by kunitaka at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール

Windows SharePoint Services 3.0 管理パック for MOM 2005 日本語版リリース

 MOSS 2007 に先を越されていた WSS 3.0 管理パックの日本語版もリリースされました・・・

今まで英語版しか公開されていなかった (→ SharePoint Server 2007 管理パック その後) WSS 3.0 管理パックの日本語版がようやくリリースされたようです。

・Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 Management Pack for Microsoft Operations Manager 2005 - 日本語
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=db1cadf7-1a12-40f5-8eb5-820c343e48ca>

これで、MOM 2005 が利用可能であれば、基本的な監視は簡単に始められそうです。
また、MOM 2005 が利用可能で無くても、管理パックで定義されている監視項目およびルールは参考になりそうです。

posted by kunitaka at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール

2007年02月01日

SharePoint Server 2007 管理パック その後

 WSS 3.0 管理パックの日本語版はまだ・・・

管理パック (→ SharePoint Server 2007 管理パック for MOM 2005) をダウンロードしてセットアップすると、管理パックファイル以外に、管理パック ガイド、EULA補足が展開されます。
管理パック ガイドの「追加の管理パック」のトピックによると、Windows SharePoint Services 3.0 が「必須」と書かれています。

でも、WSS 3.0 管理パックの日本語版はまだリリースされていないようです。

ちなみに、こちらは英語版のダウンロードサイトです。

・Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 Management Pack for Microsoft Operations Manager 2005
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=DB1CADF7-1A12-40F5-8EB5-820C343E48CA&displaylang=en>

posted by kunitaka at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール

WSS 3.0 用アプリケーション テンプレート

 残念ながら、現時点では英語版のみですが・・・

TKSさんにも教えて頂きましたが、MOSS でも使えるアプリケーション テンプレート20種が公開されたようです。

・New Application Templates for Windows SharePoint Services 3.0
<http://www.microsoft.com/technet/windowsserver/sharepoint/wssapps/
templates/default.mspx
>

現在はサイト管理者向けのテンプレート20種類のみですが、4〜6週間後にはサーバー管理者向けのテンプレート20種類も公開される予定になっています。
WSS Demo サイトによると、サーバー管理者向けテンプレートについては、日本語版もされるらしいです。

・WSS Demo - Application Templates
<http://www.wssdemo.com/application/default.aspx>

posted by kunitaka at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール