2007年12月26日

SharePoint Server 2007によるエンタープライズ・ポータルサイト構築

 オンライン記事繋がりということで、今更ながらに取り上げますが、アークウェイの黒石さんによる記事が @IT に掲載されています。

非常によくまとまった記事であると思います。
アーキテクチャっぽい所は、イメージが書かれているので、直感的で理解し易くて良いですね。
なかなかお勧めです。

・第1回 SharePoint Server 2007の概要
<http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/sharepoint200701/sps200701_01.html>
・第2回 SharePoint 2007のサイトの概念を理解する
<http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/sharepoint200702/sps200702_01.html>
・第3回 MOSSのデータ管理を理解する
<http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/sharepoint200703/sps200703_01.html>

但し!、突っ込み所もあるので、こちらにまとめておきます。

「第1回 SharePoint Server 2007の概要」分

・3.SharePointのシステム構成
<http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/sharepoint200701/sps200701_04.html>

この中で、

「SharePointは、IISを通じてHTTPリクエストを受信すると、まずHTTPリクエストを解析し、SQL Server上の構成データベースに問い合わせて必要なページの属性を取得する。その後コンテンツ管理DBからページ内のコンテンツ情報を取り出し、動的にHTMLを生成する。」

と書かれていますが、
正確には、URL から構成データベース上のサイト コレクション一覧を参照して、サイト コレクションの存在の確認とコンテンツDB名を取得して、実際のページ情報 (default.aspx など) はコンテンツDBから読み取り、ページ上に配置されている Web パーツが順次実行され、ページがレンダリングされるという動きですね。

あと、

「しかしISPIフィルタでは、すべてのHTTPリクエストを横取りしてしまうため、SharePointとは関係のない普通のWebアプリケーションを同じWebサーバに同居させることができないという問題があった(同居させるには、ポート番号を変えるなどの対処が必要だった)。」

という記述がありますが、
実は、「管理パス」にて「エクスクルードパス」に指定すると、SharePoint の呪縛から逃れることが出来たんですね。
ちなみに、MOSS 2007 では ISAPI フィルタじゃなくなったので「エクスクルードパス」が必要なくなり、パスの追加時の選択肢から無くなっています。

「第2回 SharePoint 2007のサイトの概念を理解する」分

・1.ポータル・サイトを構成する基本概念
<http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/sharepoint200702/sps200702_02.html>

恥ずかしながら、私も最初はこう思っていました。 ふらふら

「ポータル・サイトでネットワーク負荷分散を使用する場合は、このWebアプリケーションを作成する画面上の設定で、[負荷分散されるURL]の項目にネットワーク負荷分散の仮想サーバ名を指定する必要がある。これはSharePoint管理者サイトの制限で、一度作成したWebアプリケーションは、管理者サイトのユーザー・インターフェイス上から設定を変更できないためだ。ネットワーク負荷分散の設定より前にWebアプリケーションを作成してしまうと、その設定が変更できずに一度Webアプリケーションを削除せざるを得なくなってしまう。これは、多くの人がつまずく点なので注意した方がよい。」

実は、「負荷分散される URL」の設定は「代替アクセス マッピング」に展開されます。 既定では、「パブリック URL」に設定されています。 つまり、後から負荷分散構成のための仮想サーバーを設定することも出来ますし、仮想サーバー名の変更についても「代替アクセス マッピング」にて出来る訳です。

こちら、

「現在はやりのガジェット(Windows Live GadgetやGoogle Gadget)のSharePoint版と思ってもらってよい。」

一般的には「ポートレット」のことですよね。 と言いつつ、ポートレットって知名度高く無いのかしら・・・ デジタル ダッシュボードの頃は「ナゲット」と呼ばれていましたけどね。

・4.SharePointのサイト設計のポイン
<http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/sharepoint200702/sps200702_05.html>

タイトルの「ポイン」って・・・ わーい(嬉しい顔)

「第3回 MOSSのデータ管理を理解する」分

・3.ポータル・サイト上でデータを管理するためのリスト
<http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/sharepoint200703/sps200703_04.html>

ドキュメント ライブラリとリストの機能比較にて、「ドキュメント ライブラリ」の「添付ファイル」に○が付いていますがこれは誤りですね。
ライブラリはファイルそのものを格納出来る代わりに、リストのようなファイルの添付機能がありません。 これが出来ると、複合文書管理という機能として使えそうなのですが・・・

今回はこの辺で勘弁しておこう・・・
なんて、今の所、第3回までですね。 第4回は、プロファイル機能についての解説だそうです。

黒石さんを知っているだけに、ついつい書いてしまいました〜
黒石さん、許して・・・ 次回も楽しみしています!!

ちなみに、黒石さんのブログはこちらです。

・NAgiler航海日誌v2
<http://d.hatena.ne.jp/takakuro/>
・@IT/ SharePoint 概要記事
<http://d.hatena.ne.jp/takakuro/20070724/1185231545>
・SharePoint連載第二回が公開されました。
<http://d.hatena.ne.jp/takakuro/20070907/1189134185>
・MOSS 連載第3回が公開されました
<http://d.hatena.ne.jp/takakuro/20071120/1195519650>

オンライン記事 MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | オンライン記事

やはり、MOSS 2007 は好調らしい

 早速、後編 (→ MOSS 2007 売れているらしい) の記事が・・・

日付が変わって、Enterprise Watch に、大塚商会と日本HPによるコメントを織り交ぜた記事が掲載されていました。

・驚異的な伸びを示すSharePoint Server 2007−その理想と現実を見る【前編】
<http://enterprise.watch.impress.co.jp/cda/special/2007/12/25/11923.html>

大塚商会は中小規模の企業、日本HPは大・中規模企業を対象としているようです。
大塚商会でのキーワードは、やっぱり文書管理やファイルサーバーの統合、後は企業内ポータルということらしい。
日本HPでは、Office 文書を中心とした情報共有システムやグループウェアというのがキーワードのようですね。

実際に身近な導入を見ていると、いろいろなことが出来そうなのでプラットフォームとして導入・構築というパターンと、特定の目的のために導入した後に、徐々に利用範囲やシナリオを広げていくというパターンのどちらかが多い気がします。
まぁ、個別の機能が十分かはともかく、MOSS 2007 になって非常に機能が増えているので、いろいろな製品やシステムの連携が出来そうという所がポイントなのかも知れません。 機能が多過ぎて、いまだに機能全体を網羅的に把握することが出来ません・・・

記事的には、もう少し、他の SIer のコメントも聞いてみたい感じがします。

例えば、速くから取り組んでいる日本ユニシス (→ Microsoft Office SharePoint Server 2007 技術者育成プログラム) とかね。

後、エンドユーザーからの声も聞いてみたいですね。 そういう意味では、事例とかももっともっと公開されると、いろいろな意味で参考になるのにという気はします。
これからに期待するしかなさそうです。

オンライン記事 MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | オンライン記事

2007年12月25日

MOSS 2007 売れているらしい

 以前の SPS 2003 に比べると数倍の売れ行き・・・

Enterprise Watch にて、以下のような記事が掲載されていました。

・驚異的な伸びを示すSharePoint Server 2007−その理想と現実を見る【前編】
<http://enterprise.watch.impress.co.jp/cda/special/2007/12/25/11923.html>

記事中の、

「これらの企業においては、MOSS 2007のコンテンツマネジメント機能を「ドキュメント管理」として利用したいということからだ。ある意味、会社に分散して、無秩序に作られているファイルサーバーを統合したいというニーズから導入を検討しているという。」

このコメントは恐ろしい・・・
MOSS 2007 がファイルサーバーの替わりになるような印象を与えてしまう。

きちんとファイルサーバーの位置付けや役目を踏まえた上で、MOSS 2007 を活用するように出来れば理想的なのですが、現実はなかなかうまくいかない。
しかし、SPS 2001 の頃から全く変わっていないようですが、いまだに「ドキュメント管理」ソリューションへの期待が大きいんですね。
つまり、いまだに、これで決まり!という製品が存在しないということですね。

次回の、SIer が語る「MOSS 2007の現実と理想」が非常に気になる所です。

オンライン記事 MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | オンライン記事

2007年04月29日

Wikiやブログ機能も追加されたMSの無償コラボレーションツールの実力

 今回、取り上げられたのは WSS 3.0 について。

Directions on Microsoft では、機能強化された WSS 3.0 に関しての記事でした。

・Wikiやブログ機能も追加されたMSの無償コラボレーションツールの実力
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0704/29/news008.html>

チームコラボレーションサイト用プラットフォームとSharePoint Server 2007の基盤技術を担うという位置付けに始まって、新しいリストおよびテンプレートとして、ブログ、Wiki、プロジェクト タスク、マイクロソフトのサイトで公開されたアプリケーション テンプレート、ワークフローとの連携やオフライン機能などが強化されたドキュメント ライブラリ、ごみ箱や権限に基づくユーザーインタフェースなどの操作性の向上、管理機能が向上した点が紹介されています。

意外と普通の記事だった・・・

オンライン記事 MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 23:46| Comment(1) | TrackBack(0) | オンライン記事

2007年04月01日

コンプライアンス時代のマストアイテム!エンタープライズコンテンツ管理 もっと続く

 更に更に更新が続いていますね。 (→ コンプライアンス時代のマストアイテム!エンタープライズコンテンツ管理 まだまだ続く)

3月最後の週は、「コンプライアンス時代の情報管理 Microsoft Office SharePoint Server 2007 活用ガイド」の中の「Microsoft Office SharePoint Server 2007 機能詳解」から、「PART.05 コンテンツタイプ」、「PART.03 ワークフロー」、「PART.04 ポリシー管理」が掲載されています。

・文書管理をカスタマイズ――「コンテンツタイプ」設定指南
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/28/news012.html>
・承認の効率化で業務をスピードアップ――SharePoint機能詳解「ワークフロー」編
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/29/news010.html>
・内部統制に向けた現実解――SharePoint機能詳解「ポリシー管理」編
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/30/news008.html>

このシリーズもいよいよ終わりでしょうか?
後、残っているネタとしたら、「PART.08 レコードセンター」位でしょうか・・・

オンライン記事 MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | オンライン記事

2007年03月24日

ThinkIT の徹底比較!! グループウェア

 純粋に、SharePoint Server 2007 にフォーカスした記事ではありませんが、一部で触れている部分があります。

と言うか、何で、SharePoint Server 2007 の回が無いんだ!! と、思ったりして・・・
こちらは、普段ウォッチしている Impress Watch の中の Enterprise Watch に掲載されている所を見つけました。

徹底比較!! グループウェア:

・第1回:変革するグループウェア〜普及までの経緯と現在
<http://www.thinkit.co.jp/free/article/0702/10/1/>
・第3回:アプリケーション連携によって柔軟な対応ができる「Exchange Server」
<http://www.thinkit.co.jp/free/article/0702/10/3/>
・第9回:進化するグループウェア
<http://www.thinkit.co.jp/free/article/0702/10/9/>

第1回は、グループウェアとはから始まって、グループウェアの変遷、グループウェアの活用に関する分析、そして、これからの次期コラボレーション基盤としての期待がまとめられています。 最後の方で、ブログや Wiki に対応したという観点で、SharePoint Server 2007 を挙げています。
また、グループウェアのアップグレードおよび移行の検討という観点で、Lotus Notes/Domino のサポート期限が切れる点も気になる所です。 Domino 6 は、もうサポート期限切れになるんですね・・・ SharePoint Server 2007 への移行も期待出来るのだろうか?

第3回は、Exchange Server という観点よりは the 2007 Microsoft Office system にフォーカスしていて、コミュニケーション基盤としての Exchange Server、コラボレーション基盤としての Groove、コンテンツ管理およびビジネスプロセス基盤としての SharePoint Server、文書管理基盤としての Windows Rights Management テクノロジという切り口でまとめられています。
SharePoint Server と Windows Rights Management についてのフォーカス・ポイントが少々強引なような気がしますが、SharePoint Server 2007 の機能強化された部分に特化したということなんでしょうね。

第9回は、特集の最後ということで、グループウェアを中核としたコラボレーション製品群の動向についてまとめられています。 コラボレーションやコミュニケーションツールとの連携が不可欠な点、Web 2.0 的要素の取り込みを挙げた上で、企業におけるコラボレーションとコンテンツ管理の進展というロードマップを描き、最後に、インフォメーションワークプレイスプラットフォームという2010年のあるべき姿を描いて終わっています。
この、インフォメーションワークプレイスプラットフォームをよくよく見てみると、SharePoint Server 2007 が網羅している範囲とかなり重なっていることが判ります。 今後、リリースされる予定の Communications Server 2007 が揃えば、ほとんどカバー出来そうな感じです。

個人的には、Lotus Notes 3.x の頃から関わり始めたことを考えると、日本でのグループウェアの浸透と共に歩んでいることが感慨深いです。

・ThinkIT オープンソース時代の企業システム選択ポータル
<http://www.thinkit.co.jp/>
・Enterprise Watch
<http://enterprise.watch.impress.co.jp/>
・Impress Watch
<http://www.watch.impress.co.jp/>

オンライン記事 MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | オンライン記事

ITmedia の SharePoint Server 2007 関連の記事

 ITmedia エンタープライズは、SharePoint Server 2007 関連の記事が立て続けに掲載されている感じがします。

こういう記事が増えて、SharePoint Server 2007 の導入機運が盛り上がり、いろいろな活用事例やソリューションが増えてくることを期待したい。

・ドキュメント管理機能を一新したSharePoint Server 2007
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/19/news021.html>
・Officeとの連携が最大の強みとなるか、SharePoint Server 2007
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/23/news077.html>

最初の記事は、ドキュメント管理機能に関するものです。
ドキュメント管理のプラットフォームとしての位置付けや MOSS 2007 での機能とアーキテクチャ、ドキュメントライブラリの強化点、コンテンツタイプや標準ワークフロー機能、ドキュメント管理に特化した「ドキュメントセンター」というサイトテンプレート、ドキュメントコンバータについての簡単な解説となっています。

2番目の記事は、Office 2007 との連携にフォーカスした、ドキュメント管理機能に関するものです。
最初に、メタデータ入力に関連してドキュメント情報パネル、オフライン機能、他のドキュメント管理製品との優位点、利用する上での注意点がまとめられています。 注意すべきは、最後に書かれている要件ですね。
Windows Server 2003 については SP1 以降が必要、SQL Server 2000 については SP3a 以降が必要なはずです。

・Determine hardware and software requirements (Office SharePoint Server)
<http://technet2.microsoft.com/Office/en-us/library/3e3b8737-c6a3-4e2c-a35f-f0095d952b781033.mspx?mfr=true>

これらの記事は、エンタープライズ:エンタープライズコンテンツ管理の特集に連動しているんでしょうかね。

・ITmedia エンタープライズ:エンタープライズコンテンツ管理――情報をしっかり管理、バッチリ活用!
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/special/0702/ecm/>

そう言えば、Directions on Microsoft 日本語版は、いつの間にかオンライン化されていたんですね・・・ 道理で、最近、雑誌自体を見掛けなくなった訳だ。

・Windowsストラテジー by Directions on Microsoft (ITmedia エンタープライズ)
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/windows/>
・Directions on Microsoft 日本語版
<http://www.mediaselect.co.jp/dom/>

MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | オンライン記事

コンプライアンス時代のマストアイテム!エンタープライズコンテンツ管理 まだまだ続く

 引き続き、記事の追加が続いています。

前回、まだ続く可能性があると書きました。 (→ コンプライアンス時代のマストアイテム!エンタープライズコンテンツ管理 さらに続き)
しかし、予想していた「文書の運用管理設定」についてではなく、ライブラリの個々の機能に関する記事が続きました。 そう〜来たか!という感じ。

今週分は、「コンプライアンス時代の情報管理 Microsoft Office SharePoint Server 2007 活用ガイド」の中の「Microsoft Office SharePoint Server 2007 機能詳解」から、「PART.02 ドキュメントライブラリ」の部分を3回に分けて掲載されています。

・文書のライフサイクル管理を支援する「ドキュメントライブラリ」
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/20/news008.html>
・PowerPointファイルの共有を支援する「スライドライブラリ」
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/22/news008.html>
・制御していることすら気付かない――アクセス権限をスムーズに管理
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/23/news009.html>

ムックではモノクロ記事でしたが、オンラインムック Plus では画面がカラーで掲載されているので良いですね。

・ITmedia エンタープライズ:エンタープライズコンテンツ管理――情報をしっかり管理、バッチリ活用!
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/special/0702/ecm/>

MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | オンライン記事

2007年03月19日

コンプライアンス時代のマストアイテム!エンタープライズコンテンツ管理 さらに続き

 今月は、毎日1つの記事ポストを目指していましたが、あえなく挫折。 やっぱり、無理せず、自分のペースで出来るだけ続けよう・・・

意外と、週に3〜4本ずつ記事が掲載され続けています。
まぁ元ネタは「コンプライアンス時代の情報管理 Microsoft Office SharePoint Server 2007 活用ガイド」なので、効果的な活用が行われているという感じですけど。

特集2「生産性の向上と管理の効率化を両立させる SharePoint Server 2007 の新しい情報管理」に続いて、特集1「求められる「エンタープライズ コンテンツ管理」Microsoft Office SharePoint Server 2007 設計思想と開発背景」、「Microsoft Office SharePoint Server 2007 によるエンタープライズ コンテンツ管理システム構築実践」がベースになった記事でした。 (→ コンプライアンス時代のマストアイテム!エンタープライズコンテンツ管理 続き)

・社員はルールを守らない!?現場とのギャップを埋める「3つの原則」
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/09/news005.html>
・今なら間に合う内部統制――J-SOXとECMのオイシイ関係
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/13/news004.html>
・SharePoint Server 2007によるECM構築――画面で分かるドキュメント作成
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/14/news005.html>
・「ハンコください」はもう古い!上司のOKを素早くGETする方法
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/15/news009.html>
・SharePointで始めるコラボレーション――画面で分かる「文書の公開」
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/16/news013.html>

「社員はルールを守らない!?現場とのギャップを埋める「3つの原則」」は特集1の Part1 を再構成した形になっています。
「今なら間に合う内部統制――J-SOXとECMのオイシイ関係」は、同じく特集1の Part2 を再構成した形になります。
「SharePoint Server 2007によるECM構築――画面で分かるドキュメント作成」「「ハンコください」はもう古い!上司のOKを素早くGETする方法」「SharePointで始めるコラボレーション――画面で分かる「文書の公開」」については、「Microsoft Office SharePoint Server 2007 によるエンタープライズ コンテンツ管理システム構築実践」の STEP1、STEP2、STEP3 がそれぞれベースになっていました。
ムックでは、STEP3 からモノクロ記事になっていますので画面イメージもモノクロですが、オンラインムック Plus では画面がカラーで掲載されているので、ほんの少しオンラインの方が良いかも。

なお、ムックでは、更に STEP4 として「エンタープライズコンテンツ管理のための文書の運用管理設定」が残っているので、まだ続く可能性もあります。

・・ITmedia エンタープライズ:エンタープライズコンテンツ管理――情報をしっかり管理、バッチリ活用!
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/special/0702/ecm/>

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | オンライン記事

2007年03月08日

コンプライアンス時代のマストアイテム!エンタープライズコンテンツ管理 続き

 残り?のアップデートが追加されていました。 (→ コンプライアンス時代のマストアイテム!エンタープライズコンテンツ管理)

4つの記事で終わりかと思っていたら、2つの記事が追加されていました。 特集の Part2 の残り、Part3 の部分が公開された形です。

・「手になじむ」文書管理を実現しよう――効率的+合理的ECMのススメ
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/07/news004.html>
・コンテンツ管理、はじめました――よくあるケースの運用ポイント
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/08/news008.html>

これで、「コンプライアンス時代の情報管理 Microsoft Office SharePoint Server 2007 活用ガイド」の特集2「生産性の向上と管理の効率化を両立させる SharePoint Server 2007 の新しい情報管理」が一通り網羅されたことになります。

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | オンライン記事

2007年03月06日

コンプライアンス時代のマストアイテム!エンタープライズコンテンツ管理

 以前紹介した「コンプライアンス時代の情報管理 Microsoft Office SharePoint Server 2007 活用ガイド」の記事の一部が再編集されて公開されていました。 (→ SharePoint 2007 の書籍)

ITmedia をチェックしていて気が付きました。
記事の終わりに「このコンテンツはアイティセレクト2006年12月号増刊に掲載された記事を再編集したものです。」という記載があったのですが、今ひとつピンと来なかったですが、何のことは無い「コンプライアンス時代の情報管理 Microsoft Office SharePoint Server 2007 活用ガイド」のことでした。
どうりで、MOSS 2007 を前提とした記事ばかりな訳だ・・・

・ITmedia エンタープライズ:エンタープライズコンテンツ管理――情報をしっかり管理、バッチリ活用!
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/special/0702/ecm/>

今の所、4つの記事が公開されています。
これらは、活用ガイドの特集2「生産性の向上と管理の効率化を両立させる SharePoint Server 2007 の新しい情報管理」の Part1 と Part2 がベースになっているようです。 パッと見、一部の段落や図が省略されていますね。

・ファイル共有からコンテンツ管理へ
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0702/26/news007.html>
・内部統制への対応で注目を集める"使える"エンタープライズコンテンツマネジメント
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0702/27/news002.html>
・「攻めの思考」の情報管理・マイクロソフトのECM
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0702/28/news006.html>
・ECMでラクになる!文書管理・運用の実際
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/02/news006.html>

ちなみに、アイティセレクトは月刊誌。

・ビジネス&テクノロジーイノベーターのための情報誌 アイティセレクト
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/itselect/>

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | オンライン記事