2007年08月31日

MOSS & WSS SDK 1.2 が公開されています

 全く、更新が滞っています・・・

その間にいろいろと動きがあるようですね。
SDK は 1.2 にバージョンアップされています。 従来、オンラインでしか参照出来なかった Technical Articles や Visual How Tos が、別の chm ファイルに収録されるようになったのでオフラインでの利便性が向上しています。 流石に、Visual How-To のビデオはオンラインでしか参照出来ませんが・・・

他にも BDC Definition Editor の添付、サンプルの強化などが行われています。

・SharePoint Server 2007 SDK: Software Development Kit and Enterprise Content Management Starter Kit
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=en&FamilyID=6d94e307-67d9-41ac-b2d6-0074d6286fa9>
・Windows SharePoint Services 3.0: Software Development Kit (SDK)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=en&FamilyID=05e0dd12-8394-402b-8936-a07fe8afaffd>

地味な所で、ようやくセットアップがまともになって、セットアップ先が選択出来るようになっています。
どちらにしても、開発系のリファレンスとしては重要なリソースなので、早速、ダウンロードしてローカルディスクに展開しました。

開発情報 MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発情報

2007年07月17日

MOSS & WSS SDK 1.1 が公開されています

 開発系リソースもう1つ。

オンライン版は2ヶ月に一度?のアップデートされているようですが、ダウンロード版は1月にリリースされて以来音沙汰無しでしたが、待望のアップデートが公開されていました。

・SharePoint Server 2007 SDK: Software Development Kit and Enterprise Content Management Starter Kit
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=en&FamilyID=6d94e307-67d9-41ac-b2d6-0074d6286fa9>
・Windows SharePoint Services 3.0: Software Development Kit (SDK)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=en&FamilyID=05e0dd12-8394-402b-8936-a07fe8afaffd>

相変わらず、どこが更新されたのか判り難いです・・・
恐らく、オンライン版に同期しているので、こちらを参考にすれば良さそうです。 (→ WSS 3.0 SDK & MOSS 2007 SDK のオンライン版がアップデートされたらしい・・・)

ちなみに、ダウンロードページにて「Change Language」が選択出来ると思ったら、1世代遅れですが、日本語版の SDK も公開されていました。

・SharePoint Server 2007 SDK: ソフトウェア開発キットおよびエンタープライズ コンテンツ管理スタータ キット
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=6d94e307-67d9-41ac-b2d6-0074d6286fa9>
・Windows SharePoint Services 3.0: ソフトウェア開発キット (SDK)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=05e0dd12-8394-402b-8936-a07fe8afaffd>

内容的には、1月に公開された 1.0 の日本語版だと思われます。

なお、英語版の SDK と 日本語版の SDK は共存出来ません。
どちらかをセットアップした後に、必要なファイルを別のフォルダにコピーして、セットアップする必要があります。 何もしないと、セットアップ済みのファイルが上書きされちゃいます。

開発情報 MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発情報

日本の MOSS 2007 開発系リソース

 え〜と、諸般の事情 (本業が忙しい・・・) により更新がストップしています。 Tech・Ed 2007 1日目のレポートで途切れているので、何だかオーランドで失踪してしまっている感がありますが、一応に無事に (正確には少々違いますが) 帰国しています。

余りにも更新がストップしていると、忘れられそうなので、とりあえず。

少々前になりますが、日本でもようやく MOSS 2007 に関する開発系リソース サイトが立ち上がっています。

・SharePoint Server 2007 Developer Portal
<http://www.microsoft.com/japan/msdn/office/sharepointserver/>
・Windows SharePoint Services Developer Center
<http://www.microsoft.com/japan/msdn/sharepoint/>

残念ながら、日本語の情報はまだまだ少ないですが、今後の充実を期待するとしましょう。

開発情報 MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発情報

2007年05月29日

InfoPath 2007 Training

 随分前から公開されていたんですね・・・

と言っても、4ヶ月前かな。

MSDN ライブラリの InfoPath 2007 の所には、Technical Articles や Visual How-to Screencasts だけでなく、Training というトピックもあるんですね。
こちらも英語ではありますが・・・

1つ1つが比較的シンプルなものなので、お手軽に InfoPath の勉強には良いかも知れません。 一応、SharePoint 連携も含まれています。

・Lab 1: Publishing an InfoPath 2007 Form Template to a Server Running InfoPath Forms Services
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb267334(office.12).aspx>
・Lab 2: Deploying and Managing InfoPath 2007 Forms
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb267337(office.12).aspx>
・Lab 3: Integrating InfoPath 2007 with the Data Connection Library
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb267335(office.12).aspx>
・Lab 4: Enabling Digital Signatures in InfoPath 2007 Form Templates
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb251748(office.12).aspx>
・Lab 5: Importing Word Forms into InfoPath 2007
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb251744(office.12).aspx>
・Lab 6: Using InfoPath 2007 E-mail Forms
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb251746(office.12).aspx>
・Lab 7: Restricting Permissions to InfoPath 2007 Forms and Form Templates
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb251749(office.12).aspx>
・Lab 8: Using the InfoPath 2007 Object Model and Visual Studio Tools for Applications
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb251747(office.12).aspx>
・Lab 9: Designing InfoPath 2007 Forms for Mobile Web Browsers
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb251745(office.12).aspx>
・Lab 10: Creating and Inserting InfoPath 2007 Template Parts
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb267331(office.12).aspx>
・Lab 11: Integrating InfoPath 2007 Forms in Web Sites Using Visual Studio
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb267336(office.12).aspx>
・Lab 12: Using SharePoint Server Workflows with InfoPath 2007
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb267332(office.12).aspx>

今の所、MSDN ライブラリの日本語版には InfoPath 2007 は無いんですね。 というか、2007 Microsoft Office System については、MOSS 2007 しか無い。

・InfoPath 2007 @ MSDN Library
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb187371.aspx>

開発情報 MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発情報

2007年05月26日

MOSS 2007 & WSS 3.0 MSDN アップデート (2007/05/17)

 MSDN ライブラリのデザインがリニューアルされていますね・・・

msdn.jpg今までの青を基調としたものから、オレンジベースになっています。 個人的には、個別のページの上の「パンくず」の機能が気に入りました。 単にページの階層を表すだけでなく、同一階層のリストがフライアウトで表示されるようになったので、他の階層への移動がし易くなったように思います。

・Microsoft Developer Network - Home
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/default.aspx>

本題としては、MOSS 2007 と WSS 3.0 に関する Technical Articles および Visual How-to Screencasts が大幅に追加されているということです。
残念ながら、全て英語ですが・・・

結構有用な情報が含まれているので、デベロッパーな方は必見かなと思います。
Visual How-to Screencasts シリーズは、簡単な解説とサンプルコード、そしてストリーミングベースでの画面デモと音声ガイドが含まれています。
もちろん、音声は英語ですが、画面デモを見るだけでも、どのように操作するのかが判るので、非常に参考になるのではないかと思われます。

◆Technical Articles

・Team-Based Development in Microsoft Office SharePoint Server 2007
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb428899.aspx>
チームベースでの MOSS 2007 開発についてのトピックがまとめられています。

・Upgrading an MCMS 2002 Application to SharePoint Server 2007 (Part 1 of 2)
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb466172.aspx>
・Upgrading an MCMS 2002 Application to SharePoint Server 2007 (Part 2 of 2)
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb466171.aspx>
MCMS 2002 WoodGroveNet サンプル アプリケーションによる MCMS 2002 から MOSS 2007 へのアップグレード ステップバイステップでのガイドがまとめられています。

◆Visual How-to Screencasts

・Enabling Users to Act on LOB Data with Business Data Catalog Actions
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb457187.aspx>
ビジネス データ カタログ アクションによる業務アプリケーションのデータへの操作メニューの追加についてまとめられています。

・Activating Auditing Programmatically for a Single Document Library in Windows SharePoint Services 3.0
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb418730.aspx>
WSS 3.0 でのプログラミングによるドキュメント ライブラリへの監査ログの有効化についてまとめられています。

・Activating Auditing Programmatically for a Site Collection in Windows SharePoint Services 3.0
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb418729.aspx>
WSS 3.0 でのプログラミングによるサイト コレクションへの監査ログの有効化についてまとめられています。

・Configuring IntelliSense with CAML Files When Developing for Windows SharePoint Services 3.0
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb507730.aspx>
WSS 3.0 向け CAML ファイル編集時のインテリセンスを有効にするための構成方法についてまとめられています。

・Create a Custom HttpHandler in Windows SharePoint Services 3.0
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb457204.aspx>
WSS 3.0 でのカスタム HTTP ハンドラ作成についてまとめられています。

・Creating a Feature for an Entry Control Block Item in Windows SharePoint Services 3.0
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb418731.aspx>
WSS 3.0 でのリストアイテムのアクション メニューの機能(フィーチャー)の作成についてまとめられています。

・Creating a Feature for the Site Actions Menu in Windows SharePoint Services 3.0
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb418728.aspx>
WSS 3.0 でのサイトの操作メニューの機能(フィーチャー)の作成についてまとめられています。

・Creating a Solution Package in Windows SharePoint Services 3.0
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb466225.aspx>
WSS 3.0 でのソリューション パッケージの作成についてまとめられています。

・Creating a Visual Studio Project for Windows SharePoint Services 3.0
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb466224.aspx>
WSS 3.0 での Visual Studio プロジェクトの作成についてまとめられています。

・Creating an Application Page in Windows SharePoint Services 3.0
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb418732.aspx>
WSS 3.0 でのアプリケーション Web ページの作成についてまとめられています。

・Displaying Data by Using the SPGridView Control in Windows SharePoint Services 3.0
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb466219.aspx>
WSS 3.0 での SPGridView コントロールを利用したデータの表示についてまとめられています。

・Reading Entries from the Audit Log in Windows SharePoint Services 3.0
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb466223.aspx>
WSS 3.0 での監査ログのエントリの参照についてまとめられています。

・Reading ListId and ItemId from an Application Page in Windows SharePoint Services 3.0
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb418733.aspx>
WSS 3.0 でのアプリケーション Web ページ内でのリストIDおよびリストアイテムIDの参照方法についてまとめられています。

ソリューションパッケージングについて、リストアイテムのアクション メニューやサイトの操作メニューの機能(フィーチャー)の作成、SPGridView コントロールを利用したデータの表示などは、とても興味深い情報だと思いました。

【ニュースソース】
・Just Published on MSDN (5/17/2007)
<http://blogs.msdn.com/randalli/archive/2007/05/17/just-published-on-msdn-5-17-2007.aspx>

開発情報 MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発情報

2007年05月03日

WSS 3.0 SDK & MOSS 2007 SDK 4月アップデート

 アップデート サマリありました。 (→ WSS 3.0 SDK & MOSS 2007 SDK のオンライン版がアップデートされたらしい・・・)

・Windows SharePoint Services 3.0 SDK Online
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms441339.aspx>
・Microsoft Office SharePoint Server 2007 SDK Online
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms550992.aspx>

RSS フィードを取得していたのですが、存在をすっかり忘れていました・・・
というか、最近、忙しかったので、RSS フィードのチェック (つまりは、ブログ記事の更新チェック) をほとんどしていませんでした。
日本のブログと、製品チームのブログをチェックするのが精一杯だったんですよね。

さて、本題の SDK のアップデート サマリ、特に MOSS 2007 SDK の分はこちらにありました。

・JUST RELEASED: Post-RTM Update to MOSS and WSS SDK Documentation is Now Live on MSDN!
<http://blogs.msdn.com/randalli/archive/2007/05/01/released-post-rtm-update-to-moss-and-wss-sdk-documentation-is-live-on-msdn.aspx>
・SharePoint Content and Resources
<http://blogs.msdn.com/randalli/default.aspx>

クラスライブラリや Web サービスのリファレンスのアップデートが主なようですが、General Reference にも幾つかアップデートがあるようです。

こ〜いう五月雨?的なアップデートを "Continuous Publishing" と呼んでいるそうな。
ダウンロード版 SDK は数ヶ月先のようですが、その際には、英語版だけでなく日本語版もリリースされるとのこと。 これは期待したい!

開発情報 MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発情報

2007年05月02日

WSS 3.0 SDK & MOSS 2007 SDK のオンライン版がアップデートされたらしい・・・

 え〜っと、SDK のオンライン版がアップデートされたようです。

情報ソースはこちらです。

・What’s new in the April update of the WSS 3.0 Online SDK
<http://blogs.msdn.com/sharepoint/archive/2007/04/27/what-s-new-in-the-april-update-of-the-wss-3-0-online-sdk.aspx>
・Updates to the MOSS 2007 SDK
<http://blogs.msdn.com/ecm/archive/2007/05/01/updates-to-the-moss-2007-sdk.aspx>

WSS 3.0 SDK については、情報ソースのブログ記事に、アップデート内容のトピックが書かれているので、役立ちます。
Content Migration、Change Log、How To: Extend the STSADM Utility の辺りが面白そうです。
ちなみに、次回のアップデートは6月末のようです。

それに対して、MOSS 2007 SDK については、How to: Customize XSL for the Content Query Web Part が追加されたことしか判りません・・・
たまたま、以下のトピックが追加されているのは発見しました。

・Administration in SharePoint Server 2007
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb447579.aspx>

SDK についても、TechNet のようにアップデート内容のサマリを書いておいて欲しいものです。
そう思うだけでは何も変わらないので、とりあえずフィードバックしておきました。

さて、ダウンロード版は、いつ、反映されるんでしょうかね。

開発情報 MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発情報

2007年04月30日

2007 Office System Document: Developer Posters

 既にご存知の方も多いと思いますが・・・

MOSS 2007 (WSS 3.0 含む) 製品と技術全体のアーキテクチャがまとまっている資料って、あんまり無いような気がします。
それはともかく、アーキテクチャがあると良いねと書いた書評 (→ SharePoint 開発者向け書籍) ですが、全体を俯瞰して見るには持って来いの情報があります。

・2007 Office System Document: Developer Posters
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=771AEB45-9D27-4D1F-ACD1-9B950637D64E&displaylang=en>

・Developer Roadmap for the 2007 Microsoft Office System
<http://download.microsoft.com/download/0/9/c/09cda3f2-6d3d-4082-aec5-9a62b7679ecf/2007OfficeSuitesRoadMap.pdf>
the 2007 Microsoft Office System 全体の開発者向けマップです。 クライアントからサーバー製品、ツールやサービスが網羅されています。

・Developer Map for SharePoint Products and Technologies Poster
<http://download.microsoft.com/download/0/9/c/09cda3f2-6d3d-4082-aec5-9a62b7679ecf/WSS%20Platform.pdf>
SharePoint 製品と技術、つまりは MOSS 2007 および WSS 3.0 に関する開発者向けマップです。 機能要素毎にまとめられているので判り易いです。

・Microsoft Office InfoPath 2007 Managed Object Model Poster
<http://download.microsoft.com/download/0/9/c/09cda3f2-6d3d-4082-aec5-9a62b7679ecf/InfoPathObjectModelMap.pdf>
InfoPath 2007 のオブジェクトモデルのマップです。

Developer's Guide to Windows SharePoint Services 3.0 を読みながら、Developer Map for SharePoint Products and Technologies Poster を確認していくと、どの辺りの位置付けなのかと、網羅している範囲を確認することが出来ます。

開発情報 MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発情報

2007年03月22日

MOSS 2007 SDK & WSS 3.0 SDK の日本語オンライン版

 おいおい、何時から公開だよ・・・

2007年1月22日に Microsoft Office SharePoint Server 2007 SDK と Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 SDK の英語のダウンロード版が公開 (→ MOSS & WSS SDK 公開されました) されていますが、日本語版は提供されるのだろうかと思っていました。
確か、ひと目でわかる Microsoft Office SharePoint Server 2007 (→ ひと目でわかる Microsoft Office SharePoint Server 2007 ついに発売!!) には、近日中に日本語版がリリース予定と書いてありました。

で、その日本語版が、何といつの間にか公開されています!!
MOSS 2007 開発屋さん必見です。

・Microsoft Office SharePoint Server 2007 SDK
<http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/bb226703.aspx>
・Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 SDK
<http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/bb264594.aspx>

SDK の中の General Reference の部分が「全般的な参照情報」として、ほとんどが日本語化されています。
ちなみに、Class Library and Web Service Reference については、「クラス ライブラリおよび Web サービス リファレンス」となっていますが、流石に、こちらは日本語化されないよなと、期待せずに幾つかを開いてみると・・・

なんと、日本語化を進めようとしている節が見られます!!!
MOSS 2007 & WSS 3.0 になって、クラスが大幅に増えているので、全てを確認している訳ではありませんが、Web サービスの部分は日本語化されている部分が多いように思われます。 流石に、クラス部分は非常に多いので、まだまだのようです。 まぁ、そもそも、本家の英語版の SDK 自体、クラス ライブラリの部分では説明もサンプルコードもほとんど無くて、どうやって使えば良いのか判らないのが多いので、日本語化できる範囲が少ないとも言えます。

クラス ライブラリおよび Web サービス リファレンスの部分はともかく、全般的な参照情報については、MOSS 2007 での開発を行う上で知っておいた方が良い情報が多く含まれているので、取っ掛かりの情報として、読んでおくことが必須ですね。

難点は、読み物としてのボリュームが結構あるので、早く、ダウンロード版も公開して欲しいものです。
そうすれば、オフラインで何時でも、どこでも読めるので・・・

MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発情報

2007年02月14日

プログラミング操作を行う際の列の命名

 こちらも、WSS 2.0/SPS 2003 から変わっていないセオリーです。

ちなみに、作ったリストやライブラリに対してプログラム操作を一切行わない場合は、以下は全く気にする必要がありません。
列名に関してはこちらの通りです。 (→ 列名のしくみ)

見た目は利用者に判り易くするのが一般的です。
つまり、表記名が重要で、列名についても日本語で命名することになります。

Web UI だけで利用する場合は、全く意識する必要が無いのですが、プログラミング操作を行う場合は、日本語で設定してしまうと内部名が UTF-16 でエンコードされた形で設定されてしまうので、識別し難く、かつ、扱い難くなってしまいます。

例えば、「分類」という列を作成すると、内部名は「_x5206__x985e_」になります。
これは、「列の編集」ページでの URL のクエリーストリングで、Field パラメータの所でも確認出来ます。

FieldName_URL.png

%5F というのは、_ (アンダースコア) が URI エンコードされたものです。
なお、文字コードがどの漢字に対応しているかは、こちらのサイトで確認することが出来ます。

・文字コードについて
<http://ash.jp/code/index.htm>

肝心のセオリーは以下の通りです。

・まずは、列名設定の際の仕組みを利用して、最初はプログラミング操作を意識した「英数字」で作成しておきます。
・そして、後から利用者を意識した「日本語」で設定し直します。

作成時はちょっと手間ではありますが、後のことを考えれば惜しまずにやっておいた方が良いです。

プログラミング操作とは以下のものが対象になります。

・クラスライブラリによる操作
・Web サービスによる操作
・コンテンツ クエリ Web パーツのカスタマイズ

他に、「共有サービス」設定の中の「検索の設定」にて、「メタデータ プロパティのマッピング」ページにて、「クロールされたプロパティ」に対するインデックスに含めるかどうかの設定がありますが、ここにもエンコードされた形で展開されるので、英数字で作っておくと識別し易いというのもあります。

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 04:59| Comment(6) | TrackBack(1) | 開発情報

2007年01月23日

MOSS & WSS SDK 公開されました

 夢にまで見た? SharePoint Server 2007 SDK および Windows SharePoint Services 3.0 SDK が公開されました。

こちらからダウンロード可能です。

・SharePoint Server 2007 SDK: Software Development Kit and Enterprise Content Management Starter Kit
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=6D94E307-67D9-41AC-B2D6-0074D6286FA9&displaylang=en>
・Windows SharePoint Services 3.0: Software Development Kit (SDK)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=05e0dd12-8394-402b-8936-a07fe8afaffd&displaylang=en>

従来、分かれていた ECM (Enterprise Content Management) Starter Kit は、SharePoint Server 2007 SDK に含まれました。
また、Windows SharePoint Services 3.0 SDK には、ECM Starter Kit のサブセットでしょうか、Workflow Developer Starter Kit というものが含まれているようです。

posted by kunitaka at 11:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 開発情報

2006年06月20日

OBA のサイトがオープン

 こちらの記事の続報? (→ LOBi for Microsoft Office SharePoint Server って、なんだ?)

MSDN Developer Center の中に、Office Business Applications Developer Portal なるものが出来ていました。
まだ、情報はほとんどありませんが・・・

・Office Developer Center: Office Business Applications Developer Portal
<http://msdn.microsoft.com/office/tool/OBA/default.aspx>

その中で、唯一の情報とも言える? プレゼンテーションが公開されていました。 ニュースリリース時に説明されたものでしょうか。

・View the Announcement Presentation: Amplify the Impact of Your People
<http://go.microsoft.com/?linkid=5035243>

残念ながらデモは見ることは出来ませんが、MOSS 2007 開発部門の Director という肩書きと共に Tom Rizzo という名前を見ることが出来ました。 昔は Exchange 関係の人で、この人が書いた Exchange と Outlook 開発の本は非常に役立ちました。 その後は、SQL Server 関係の人になっていたと思ったんですが、いつの間にか、SharePoint の人になっていたとは・・・

・Programming Microsoft Outlook and Microsoft Exchange 2003, Third Edition
<http://www.microsoft.com/MSPress/books/5517.asp>

OBA のサイトには、他に LOBi のホワイトペーパーのリンクもあるのですが、現時点ではリンク切れでした。 おい!
他にも画面イメージが見えるのですが、小さいので今1つよく判りません。

posted by kunitaka at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発情報

2006年06月10日

SharePoint Server 2007 開発系リソースの続き

 SDK のコンパイル済み HTML ヘルプファイルバージョンです。

オンラインで参照するもの (→ SharePoint Server 2007 開発系リソース) も良いのですが、外出時などオフラインでは当たり前ですが参照出来ません。 こちらから、コンパイル済み HTML ヘルプファイルがダウンロード出来ます。

・SharePoint Server 2007: Software Development Kit
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=6D94E307-67D9-41AC-B2D6-0074D6286FA9&displaylang=en>
・Windows SharePoint Services V3: Software Development Kit
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=05E0DD12-8394-402B-8936-A07FE8AFAFFD&displaylang=en>

ちなみに中身は物凄いボリュームになっています。
SPS 2003 の頃の SDK は 6MB 程度でしたが、WSS V3 の SDK ですら 34MB もあります。 MOSS 2007 では 117MB になっています!
こりゃ、読むのも探すのも大変だ・・・

posted by kunitaka at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発情報

2006年06月03日

SharePoint Server 2007 開発系リソース

 いつの間にか Office Developer Center が一新されていて、その中に SharePoint Server 2007 Developer Portal が公開されていました。

・Office Developer Center
<http://msdn.microsoft.com/office/>
・SharePoint Server 2007 Developer Portal
<http://msdn.microsoft.com/office/server/moss/>
・Windows SharePoint Services Developer Center
<http://msdn.microsoft.com/sharepoint/>

既に幾つかのホワイトペーパーが公開されています。
また、SDK も公開されているようです。

・SharePoint Server 2007 SDK
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/ms550992(office.12).aspx>
・Windows SharePoint Services V3 SDK
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/ms441339(office.12).aspx>

MOSS 2007 は、SPS 2003 の機能に加えて、CMS こと Content Management Server 2002 の機能を統合しているので、それぞれの製品からの移行に必要な情報が、SharePoint Server Migration Center に集められていました。

・SharePoint Server Migration Center
<http://msdn.microsoft.com/office/server/moss/2007/migration/>

β2 のリリースに合わせて、公開される情報が充実化しつつあるようです。
残念ながら、日本ではまだまだですが・・・

posted by kunitaka at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発情報

2006年03月05日

マルチリンガル Web パーツの作成

 Web パーツ作成に役立つ記事を発見。
マルチリンガル Web パーツを作成する方法が解説されています。 今度、この方法で Web パーツを作ってみよう。

・Creating Multilingual Web Parts
<http://weblogs.asp.net/bsimser/archive/2006/03/01/439396.aspx>

posted by kunitaka at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発情報

2006年02月26日

カレント エリアの取得

 現在アクセスしているエリアのオブジェクトを取得する方法です。
Web パーツやWeb フォームでカレントエリアの情報を取得した動作を行う際に利用出来ます。

PortalContext objPc = PortalApplication.GetContext (Context);
SPWeb objWeb = SPControl.GetContextWeb (Context);
Area objArea = AreaManager.GetArea (objPc, objWeb.ID);

posted by kunitaka at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発情報

2006年02月16日

Webパーツ開発テクニック いろいろ

今のバージョンの SharePoint に取り組んでもうじき3年近く、Web パーツの開発に関わってからは2年ちょっと。
いろいろやっているつもりでも、意外と細かいテクニックは知らなかったりします。 まぁ、実際にあまり必要じゃなかったりしますが・・・

最近、改めて読んでみて興味深かった記事です。

・Beginning Web Part Development in Windows SharePoint Services
<http://msdn.microsoft.com/office/understanding/sharepoint/articles/default.aspx?pull=/library/en-us/odc_sppt2003_bk/html/wssinsideoutch19.asp>
・Best Practices for Developing Web Parts for SharePoint Products and Technologies
<http://msdn.microsoft.com/office/understanding/sharepoint/articles/default.aspx?pull=/library/en-us/odc_sp2003_ta/html/odc_wsswebparttips.asp>
・Tips and Tricks for Developing with Windows SharePoint Services
<http://msdn.microsoft.com/office/understanding/sharepoint/articles/default.aspx?pull=/library/en-us/odc_sp2003_ta/html/wsstipstricks.asp>
posted by kunitaka at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発情報