2008年03月12日

Microsoft Office SharePoint Server 2007 オフィシャルマニュアル

 待望の MOSS 書籍2冊目!!!

日経BPソフトプレスから MOSS 2007 に関するオフィシャルマニュアルが発売になったようです。
MOSS 2007 のバイブルとして手元に置いておきたい所です。

・Microsoft Office SharePoint Server 2007オフィシャルマニュアル 上
<http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/A00600.html>
・Microsoft Office SharePoint Server 2007オフィシャルマニュアル 下
<http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/A00700.html>

書籍の体裁、名称がすっかり変わっていて気が付き難いですが、著者を見る限りではこちら (→ Microsoft Office SharePoint Server 2007 Administrator's Companion) の訳本だと思われます。

書籍 MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 10:48| Comment(1) | TrackBack(1) | 書籍・雑誌

2007年05月07日

MSDN Magazine MAY 2007

 奇しくも、MSDN Magazine でも SharePoint 関連のコラムがありました・・・

MSDNMagazine-May07.gifOffice Space: SharePoint の機能
<http://msdn.microsoft.com/msdnmag/issues/07/
05/OfficeSpace/default.aspx?loc=jp
>

ここでの「機能」とは、WSS 3.0 で新たに追加された "Features" のことを指します。 翻訳されたタイトルだと判り辛いですが、オリジナルは「Features for SharePoint」になります。
詳しくはコラムを読んで頂くのが一番良いですが、要は WSS 3.0 (もちろん、MOSS 2007 も含まれます) の各種機能を拡張する際に定義するもので、リストやライブラリ、サイトの定義とテンプレート、アクション メニュー、イベント ハンドラ、ワークフローなどが対象になります。 従来の WSS 2.0 や SPS 2003 では個別の定義となっていたものが「機能」という共通定義で構築可能になっています。
ちなみに、WSS 3.0 SDK オンラインの日本語版では、訳さずにカタカナの「フィーチャー」としていますね。 まぁ、その方が良いのかも知れません。

・フィーチャーとテンプレート
<http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/ms439657.aspx>

こちらのコラムでは、この「機能」について、概要から構造について、そして、実際に WSS 3.0 および MOSS 2007 の実行環境上へ展開することと、「機能」のアクティブ化について、非常に判り易く解説されています。 「機能」という考え方は非常に重要なので必見です。

・MSDN Magazine MAY 2007
<http://msdn.microsoft.com/msdnmag/issues/07/05/default.aspx?loc=jp>

MSDN Magazine 5月号では、他に、オブジェクト指向の手法で書く JavaScript コーディング、Windows Presentation Foundation や Windows PowerShell を取り上げた記事やコラムが含まれています。

書籍 MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌

TechNet Magazine MAY 2007

 残念?ながら、SharePoint 関連はコラムが1つだけですが・・・

TechNetMagazine-May07.gifユーティリティ スポットライト: SharePoint サイトおよびテンプレート用のアップグレード ツールキット
<http://www.microsoft.com/technet/technetmag/
issues/2007/05/UtilitySpotlight/default.aspx?loc=jp/
>

TechNet Magazine 5月号にて、「ユーティリティ スポットライト」というコラムの中で、「Upgrade Toolkit for Windows SharePoint Services Sites and Templates Guide」が取り上げられていました。 このアップグレード ツールキット自体は2月に公開されていたのですが、紹介し損ねていたようです。
このアップグレード ツールキットは簡単に言えば、WSS 2.0 から WSS 3.0 へアップグレードを行う際に、カスタマイズを行ったサイトやサイト テンプレートを移行するためのホワイトペーパーと移行をサポートするスクリプトが含まれたものになります。

・Upgrade Toolkit for Windows SharePoint Services Sites and Templates Guide
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=A70BD8F8-A0F0-4D00-9010-8E40B7C98F68&displaylang=en>

コラム記事では、このアップグレード ツールキットの概要、つまりは、カスタマイズを行ったサイトやサイト テンプレートの移行プロセスを簡単に説明しているので、非常に参考になります。 ちなみに、アップグレード ツールキットのホワイトペーパーは60ページあります。
カスタマイズを行ったサイトやサイト テンプレートの移行で最も面倒なのは、アップグレード定義ファイルの作成だと思います・・・

・TechNet Magazine MAY 2007
<http://www.microsoft.com/technet/technetmag/issues/2007/05/Default.aspx?loc=jp>

TechNet Magazine 5月号では、他に、Exchange Server 2007 や Windows PowerShell に関連の記事やコラムが含まれています。

書籍 MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌

2007年05月06日

WSS 3.0 ステップバイステップ

 WSS 3.0 初心者向けにお薦めなんですが、残念ながら英語の書籍です・・・

さしずめ、ひと目でわかる Windows SharePoint Services 3.0 的な書籍でしょうか。 ひと目でわかる MOSS 2007 は、MOSS 2007 で拡張された機能範囲が中心となった内容なので、意外と、こういう書籍も必要なのではないかと感じました。 本家?の方は MOSS 2007 Step by Step という書籍は無いようです。
書籍名の通り、WSS 3.0 の機能の範囲で、忠実に基本的な機能に関して、簡単な解説と操作方法についてはステップバイステップで手順が示されています。 サイト コレクションの操作に始まって、リストやライブラリの機能や設定、ドキュメントと会議ワークスペース、WSS 3.0 での新しい Wiki やブログ、そして、Office 2007 との連携という範囲が網羅されています。 ひと目でわかる MOSS 2007 と同様に、MOSS 2007 を含む WSS 3.0 初心者、これから勉強しようと思っている人、興味を持ち始めた人には、非常にお薦めの入門書だと思います。
こちらも、いわゆるエンドユーザー向けの入門書という位置付けだと思いますので、個々の機能の詳細や活用方法についての解説は期待出来ません。 また、運用と管理という観点でも得られる部分は多くないので、既にある程度触っている人向けにはお薦めしません。 私自身、MOSS 2007 (WSS 3.0 含む) はβ2の頃からなので、触り始めて1年が過ぎましたが、意外と、あ〜こんな機能やこんなこと出来るんだ〜と思う部分もちらほらありました。
なお、CD-ROMが付録として付いていますが、書籍のPDF版が含まれています。 他に、Computer Dictionary, 5th Edition のPDF版も含まれていて、これは意外と使えそう?です。 後は、ステップバイステップの操作の中で利用するテンプレートやサンプルドキュメントが収録されています。

目次はこちらになります。

Chapter 1 Introduction to Windows SharePoint Services
Chapter 2 Navigating a SharePoint Site
Chapter 3 Creating and Managing Sites
Chapter 4 Working with Lists
Chapter 5 Creating and Managing Libraries
Chapter 6 Working with Library Settings
Chapter 7 Working with Document Workspaces
Chapter 8 Working with Meeting Workspaces
Chapter 9 Working with Surveys and Discussion Boards
Chapter 10 Working with Wikis and Blogs
Chapter 11 Using Windows SharePoint Services with Outlook 2007
Chapter 12 Using Windows SharePoint Services with Excel 2007
Chapter 13 Using Windows SharePoint Services with Access 2007
Chapter 14 Using Windows SharePoint Services with InfoPath 2007
Chapter 15 Working with Web Parts
Chapter 16 Finding Information on the SharePoint Site

・Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 Step by Step
<http://www.microsoft.com/MSPress/books/10346.aspx>

Windows SharePoint Services 3.0 Step by Step-1.jpgWindows SharePoint Services 3.0 Step by Step-2.jpg

書籍 MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌

2007年04月30日

SharePoint 開発者向け書籍

 Developer's Guide to Windows SharePoint Services 3.0 という、現時点での MOSS 2007 開発者向けの書籍としてお薦めの1冊です。

発売されて4ヶ月程度経っている書籍です。 実は、存在自体は以前から認識していましたが、既に SDK も公開されている現在では、今更かなという思いもありましたが、近々出版される Inside シリーズの2冊の予約と一緒に注文してみました。
結論としては、冒頭の通り MOSS 2007 (正確には WSS 3.0) での開発者向けの入門書としてはお勧め出来る書籍であると言えます。 但し、書籍の中にも簡単な説明はありますが、MOSS 2007 および WSS 3.0 に関する基礎知識はある程度必要です。 内容としては、WSS 3.0 について、カスタマイズおよび開発可能な機能や API に関する一通りについて、簡単な解説とステップバイステップによる手順、サンプルコードなどが掲載されています。 広く浅くという所に注力しているので、応用的なもの、より詳細のテクニックの解説は期待出来ませんが、WSS 3.0 での開発可能な機能の一通りが把握出来るということに特化すれば十分だと思います。
これに、MOSS 2007 および WSS 3.0 の製品と技術に関するアーキテクチャについての解説がもう少しあると、全体像を理解しつつ各機能との関係が判って、より理解が進むのではないかと感じました。 付録に CD-ROM が付いていますが、サンプルコードと書籍内の画面ショットのカラー画像が収録されているだけでした。

目次は以下の通りです。

Chapter 1 WSS v3 Primer
Chapter 2 WSS v3 Out of the Box
Chapter 3 WSS v3 Authentication
Chapter 4 WSS v3 Authorization
Chapter 5 Customizing WSS v3
Chapter 6 WSS v3 Site Definitions
Chapter 7 WSS v3 Features
Chapter 8 WSS v3 Web Services
Chapter 9 Web Part Fundamentals
Chapter 10 Custom Web Parts
Chapter 11 Advanced Web Part Techniques
Chapter 12 AJAX-Style Web Parts
Chapter 13 WSS v3 Object Model Fundamentals
Chapter 14 WSS v3 Object Model Techniques
Chapter 15 WSS v3 Custom Field Types
Chapter 16 WSS v3 Events
Chapter 17 WSS v3 Workflow
Chapter 18 WSS v3 Localization
Chapter 19 WSS v3 Protocols
Chapter 20 WSS v3 Performance
Chapter 21 Upgrading WSS v2 to WSS v3

・Developer's Guide to Windows SharePoint Services 3.0
<http://www.charlesriver.com/Books/BookDetail.aspx?productID=149744>

Developers Guide to Windows SharePoint Services 3.0-1.jpgDevelopers Guide to Windows SharePoint Services 3.0-2.jpg

著者は、Todd C. Bleeker という方です。 他にも、Step by Step シリーズなども書いているんですね・・・ ちなみに、この人のブログはこちらです。

・Todd Bleeker's 12 Hive
<http://mindsharpblogs.com/Todd/>

書籍 MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌

2007年03月19日

ひと目でわかる Microsoft Office SharePoint Server 2007 ついに発売!!

 待望の MOSS 2007 公式解説書が発売になりました。

SharePoint Server 2007 に関する始めての書籍になると思われます。 公式的には3月19日に発売となっていますが、実際には3月15日頃から書店に並んでいたようです。 私も、3月17日にヨドバシカメラで購入しました。
結論としては、これから SharePoint Server 2007 を触り始める人、勉強しようと思っている人、興味を持ち始めた人には、とてもお勧めの入門書です。 とにかく、SharePoint Server 2007 を利用しようとする場合には必読の本とも言えます。 セットアップに始まって、一通りの主な機能を網羅した形で、多少のポイント解説とステップバイステップによる設定手順が画面つきで判りやすく掲載されています。
あくまでもエンドユーザー向けの入門書なので、個々の機能の詳細や活用方法などの解説はほとんどありませんし、運用と管理系についてもほとんど触れられていませんので、既にある程度、SharePoint Server 2007 を触っている人にとっては、かなり物足りない内容だと思われます。
強いて言えば、SharePoint Server 2007 での新しい機能にフォーカスし過ぎていて、コラボレーションやポータル、検索の機能に触れている部分が少々少な過ぎるかなと感じました。

目次は以下の通りです。

第1章 SharePoint Server 2007のインストール
第2章 SharePoint Server 2007の初期構成
第3章 エンタープライズコンテンツの管理
第4章 レコード管理とIRMの設定
第5章 コラボレーションの設定
第6章 電子フォームとの連携 -InfoPath 2007とInfoPath Forms Services- (基礎編)
第7章 電子フォームとの連携 -InfoPath 2007とInfoPath Forms Services- (応用編)
第8章 ワークフロー機能の利用
第9章 ビジネスインテリジェンス機能の利用
第10章 サイト/リスト/ライブラリのカスタマイズと設定
第11章 SharePoint Server 2007の運用と管理

Hitomede Wakaru Microsoft Office SharePoint Server 2007.jpg

ちなみに、著者は日本で2人しかいない WSS Microsoft MVP の山崎 愛さん、北端 智さんです。

・Ai Yamasaki: Windows Server - Windows SharePoint Services
<https://mvp.support.microsoft.com/profile=A9D2E8BE-AD9C-403A-8BBA-27679B0197D7>
・Satoru Kitabata: Windows Server - Windows SharePoint Services
<https://mvp.support.microsoft.com/profile=47E20A93-686F-4F0C-BE6A-97AF81D0154A>

書籍情報はこちらから参照出来ます。

・ひと目でわかる Microsoft Office SharePoint Server 2007 @ マイクロソフトプレス オンライン
<http://www.microsoft.com/japan/learning/books/JPN_ViewMsPress.aspx?Book_id=1062&list_id=1>
・ひと目でわかる Microsoft Office SharePoint Server 2007 @ 日経BPソフトプレスOnline
<http://bpstore.nikkeibp.co.jp/nsp/book/05467/05467.html>

・マイクロソフトプレス オンライン サイト
<http://www.microsoft.com/japan/learning/books/default.mspx>
・日経BPソフトプレスOnline
<http://bpstore.nikkeibp.co.jp/nsp/>

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌

2007年02月23日

Microsoft Office SharePoint Server 2007 Administrator's Companion

 一応、本家? Microsoft Press の管理者向けの本です。

私自身も全て読んだわけじゃありませんが、1000ページを超えるボリューム、意外と詳細まで書かれている点において、現時点での管理者向けバイブルとしてはお薦め出来そうです。 一瞬、TechNet の Downloadable book と同じ?と思ってしまいがちですが、TechNet にも書かれていない点も多いです。 もちろん、TechNet にしか書かれていない内容もありますが・・・ 将来的には、ベストプラクティスが含まれたリソースキットが出版されると予想していますが、それまでの繋ぎとしてはまずまずの1冊という所でしょうか。


こちらは、MS Press のサイト。

・Microsoft Office SharePoint Server 2007 Administrator's Companion
<http://www.microsoft.com/MSPress/books/9537.aspx>

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌

2007年02月22日

世界の SharePoint Server 2007 本

 日本ではとってもお寒い状況ですが・・・

世界に視野を広げると、こんなに沢山あるんですね。
選び放題? う〜む、羨ましい。

・WSSv3 FAQ - Books
<http://www.asaris.de/sites/walsh/Lists/WSSv3%20FAQ/V%20Books.aspx>

実際には、まだまだ出版済みの本は少ないのですが、それでも数冊は買えるようですね。
目印は *released* です。

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 03:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌

2007年02月08日

ひと目でわかるMicrosoft Office SharePoint Server 2007 もうすぐ発売

 今月末にようやく発売になるようです。

Microsoft Press 今月の新刊情報によると、2月26日発刊予定となっていました。
出版元サイトにはまだ情報が載っていないですが・・・

・日経BPソフトプレスOnline
<http://bpstore.nikkeibp.co.jp/nsp/>

マイクロソフトプレスのサイトでは続々刊行予定の記載はありますが、やはり発刊予定までは書いてありませんでした。

・マイクロソフトプレス オンライン サイト
<https://www.microsoft.com/japan/learning/books/default.mspx>

e-hon サイトでは出版予定日が3月になっていますね。

・ひと目でわかるMicrosoft Office SharePoint Server 2007 by e-hon
<http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refBook=978-4-89100-546-7&Sza_id=MM>

posted by kunitaka at 00:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌

2007年01月01日

TechNet Magazine JANUARY 2007

 新年早々、Mike Walsh's WSS and more にて、2006年最後のアップデートサマリーをチェックしていて発見しました。

ということで、2007年最初の更新はここからです。

・WSS FAQ - additions and corrections - XXXVII - 24th to 31st December 2006
<http://mikewalsh.bilsimser.com/PermaLink,guid,2c91179a-250f-488a-998c-a23b16f11b10.aspx>

その中で、「An Overview of Microsoft Office SharePoint Server 2007 (TechNet Magazine Jan 2007 - Thomas Rizzo)」というトピックを見つけて、アクセスしてみると、なるほど SharePoint 2007 の概要の記事が掲載されていました。
ふと、何気に右上に「Choose Your Language」というドロップダウン リストボックスの存在に気づき、選択肢を見てみると「日本語」があるじゃないですか!!

選択してみると、機械翻訳ではない、まともな日本語訳された記事が表示されました。 素晴らしい!
調べてみると、TechNet Magazine は昔は英語しか提供されていませんでしたが、2006年11月号から7ヶ国語に増えて、この2007年1月号から日本語も加わったようです。
アメリカのサイトで、このように多言語提供されるのは珍しいように思います。

・TechNet Magazine JANUARY 2007
<http://www.microsoft.com/technet/technetmag/issues/2007/01/default.aspx?loc=jp>

TechNetMagazine-January07.gif

2007年1月号は、SharePoint 特集となっているので必見です。

  • Microsoft Office SharePoint Server 2007 の概要
  • SharePoint のセキュリティを強化する 7 つの新機能
  • SharePoint Enterprise Search ですべてを見つけ出す
  • SharePoint の優れたコマンド ライン管理
  • 作業上での Wiki の使用

ちなみに、RSS フィードも提供しているようです。

・RSS feed with every TechNet Magazine article
<http://www.microsoft.com/technet/technetmag/rss/newrss.aspx>

posted by kunitaka at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌

2006年12月26日

SharePoint 2007 の書籍

 たまには書店も覗かなきゃ駄目ですね・・・

SharePoint 2007 関連の書籍はこれくらい (→ ひと目でわかるMicrosoft Office SharePoint Server 2007) と思っていたら、既に発売されているものもありました。
正確には書籍ではなく、ムック本ですけどね。

充実した中身とは言い切れませんが、この時期に出されたものとして、とりあえず読み物としてはお勧めかも知れません。

・the 2007 Microsoft Office systemで進化する新しいワークスタイル
<http://direct.idg.co.jp/item_detail.command?item_cd=MOS_WS>

the2007OfficeNewWorkstyle.jpg



基本的に、前半は新しい 2007 Office の新しいクライアント機能を中心に SharePoint Server 2007 とのサーバー連携部分が豊富な画面ショットと共に紹介されています。 後半は、Exchange Server 2007 の紹介が中心です。
SharePoint Server 2007 に関する記事はそれほど多くは無いですが、2007 Office の全体像を知るにはまとまっていて良いかも知れません。

・コンプライアンス時代の情報管理 Microsoft Office SharePoint Server 2007 活用ガイド

SharePoint2007ECMGuide.jpg

残念ながらインターネット上で公開されている情報は見つけられず・・・

最近、流行?のキーワードが入って、タイトルがキャッチーですね。 現時点で、SharePoint Server 2007 がタイトルに入った唯一の書籍です。 内容としては、全般的にエンタープライズ コンテンツ管理にフォーカスを当てつつ、SharePoint Server 2007 の機能詳細や機能強化された部分が紹介されています。 エンタープライズ コンテンツ管理と言っても、「ドキュメント ライブラリ」の機能で出来ることを豊富な画面ショットと共に解説されています。 機能詳細についても、SharePoint Server 2007 全般に関してではなく、エンタープライズ コンテンツ管理に関連する部分に特化されているので、SharePoint Server 2007 のドキュメント ライブラリ機能の全体像を知るには良いかも知れません。

追記を読む
posted by kunitaka at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌

2006年12月24日

ひと目でわかるMicrosoft Office SharePoint Server 2007

 MOSS 2007に関する、日本で出版される最初の書籍でしょうか・・・

・ひと目でわかるMicrosoft Office SharePoint Server 2007 by e-hon
<http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refBook=978-4-89100-546-7&Sza_id=MM>

ひと目でわかるなら嬉しいかも。

posted by kunitaka at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌

2006年06月05日

書籍の PDF 公開?

 凄いですね、これ販売される書籍なんでしょうか??

・First Look 2007 Microsoft Office System
<http://download.microsoft.com/download/3/5/a/35a8cb9f-1349-4645-ac2a-49ba61834826/First-Look-2007-Microsoft-Office-System.pdf>
・7 Development Projects for Microsoft Office SharePoint Server 2007 and Windows SharePoint Services 3.0
<http://download.microsoft.com/download/0/2/f/02f0f661-88e1-43c2-b523-88d2e9e6802f/7%20Development%20Projects%20with%20the%202007%20Microsoft%20Office%20System%20and%20Windows%20SharePoint%20Services%202007.pdf>

SPS 2003 のリソースキットも原書は PDF が添付されていたりしますが、こちらは更に PDF がダウンロード可能な状態で公開されています。
但し、流石に印刷は出来ないようになっています。 でも、分厚い本を持ち歩かなくても、何時でも読めるというのは重要だったりします。 もちろん、最初はしばらく持ち歩いて読みたいというのもありますけど・・・

こんな時は、Origami こと UMPC や 新しい VAIO type U とかあると便利かな〜

・Ultra-Mobile PC - Go Everywhere. Do Everything.
<http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/umpc/default.mspx>
・VAIO | type U
<http://www.vaio.sony.co.jp/Products/UX1/>

posted by kunitaka at 04:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌