2006年06月06日

キーワードとおすすめコンテンツ

 検索ネタ再び。
今度は、特定のキーワードで検索した時に、検索結果にて特定のコンテンツを先頭に表示させたい場合のアプローチです。
ユーザーが検索した時に、有用なコンテンツや情報へ確実に導きたい時に利用出来ます。

これは、キーワードを定義して、そのキーワードにおすすめコンテンツを紐付けることで構成出来ます。
設定場所は、以下の通りです。
  • 対象となるポータルサイトの「サイトの設定」を選択します。
  • 「サイトの設定」ページにて、「検索の設定とインデックス付けされたコンテンツ」セクションの中の「キーワードの管理」を選択します。
キーワードは必要に応じて階層構造を構成することが出来ますが、これはあくまでも管理者の分類・整理上のためのもので、ユーザー向けには何ら影響を与えません。 また、エリアと同様に一度作成した後に、任意の階層に移動することは可能です。 更に、キーワードには類義語を設定することが出来ます。
次に、そのキーワードに対して、おすすめコンテンツを追加していきます。 おすすめコンテンツも一度作成した後に、紐付け先のキーワードを変えることが可能です。 また、1つのキーワードに複数のおすすめコンテンツを紐付けることも可能です。 更に、おすすめコンテンツのリンク先は SPS 2003 のポータルサイトやチームサイトだけでなく、イントラネット Web サイト、外部のサイトなどを設定することが出来ます。

・設定イメージ
キーワードの管理.png

なお、キーワードを変更した後にインデックスの更新が必要になります。

実際に検索した結果は以下のようになります。 タイトルの後ろに表示されている「☆」がおすすめコンテンツを表しています。 「サイト順」や「簡易リスト」などの、並べ替え順が「関連」になっているものは、検索キーワードと定義されているキーワード又はその類義語に一致した場合には、必ず検索結果の先頭に表示されて目立つようになります。

・検索結果イメージ
おすすめコンテンツ検索結果3.png

難点?は、おすすめコンテンツを追加する際に必須入力となっている「タイトル」が検索結果のタイトルにならないという点でしょうか。 これもあくまでも管理上のためのもののようです。 意味が無い・・・

posted by kunitaka at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | テクニック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/815885
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック