2006年05月29日

気になる検索ソリューション (1)

 ちょっと前のマイクロソフトのニュースリリースを読み解いてみます。

・Microsoft Enterprise Search Solutions Help Enable Effective Information Management
<http://www.microsoft.com/presspass/features/2006/may06/05-17EnterpriseSearch.mspx>

最初は、Knowledge Network についてです。

SPS 2003 でも、KnowWho というキーワードで、ユーザープロファイル情報の検索がありましたが、SharePoint 2007 では更に人と人の結びつきにフォーカスした機能の強化が見られるようです。
これを更に強化するのが、Knowledge Network for Microsoft Office SharePoint Server 2007 というアドオンのようです。

・Knowledge Network for Microsoft Office SharePoint Server 2007
<http://www.microsoft.com/office/preview/servers/sharepointserver/kn.mspx>

形式化されていない知識、人の頭にある暗黙知に辿りつくためのアプローチを、ソーシャルネットワークに求めたわけですね。 実際に会社の中でも、組織的な人の繋がりよりも、組織に関係無い人の繋がりの方が得てして重要だったりしますので、意外と的を得ているのかも知れません。 ただ、それを実際にシステム上に構築するかというと、どうなんでしょうかね。
でもまぁ、一応、その辺りは考えているようです。

・Microsoft Knowledge Network Team Blog
<http://blogs.msdn.com/kn/>

Knowledge Network にはクライアントツールがあって、Outlook のメールフォルダからメールを拾って、分析を行ってそれを展開してくれるようです。 なんか面白そうです。
日本には、独自のパーソナル リレーションシップ マネージメント ソフトウェアとして InterConnect という製品があります。

・InterConnect 2004
<http://www.microsoft.com/japan/office/iconnect/prodinfo/default.mspx>

ちなみに、InterConnect 2007 では、「人」と「情報」を結び付けて、それらを効率よく活用するためのソフトウェアと位置付けられているようです。 日記帳なんて機能が加えられているようですが、どうせなら、OneNote や Knowledge Network と連携すれば、より良くなるようにも思ったりします。

・Microsoft Office InterConnect 2007 製品情報
<http://www.microsoft.com/japan/office/preview/programs/iconnect/highlights.mspx>

ところで、Knowledge Network って、日本語版はリリースされるのだろうか? 面白そうなアドオンって、意外と日本語化されなかったりするからな〜

posted by kunitaka at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/727572
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック