2006年03月26日

サイト テンプレート カスタマイズ

 チームサイトのサイト テンプレートは CAML (Collaborative Application Markup Language) という XML ベースの定義によって構成されていますが、こちらのカスタマイズ方法のホワイトペーパーが新たに公開されています。

・Creating Site Definitions for Windows SharePoint Services
<http://msdn.microsoft.com/office/understanding/sharepoint/articles/default.aspx?pull=/library/en-us/odc_sp2003_ta/html/sharepointcreatingsitedefinitions.asp>

アメリカのMSサイト内の SharePoint Developer Center の SharePoint Portal Server Technical Articles は地道なアップデートがあるので、たまにチェックすると掘り出し物が見つかったりします。
それに比べて、日本のMSサイト内の SharePoint Developer Center は全くやる気なし・・・ 2004年末に大量に日本語化されたものが掲載されましたが、それ以後はさっぱり。

・SharePoint Portal Server Technical Articles
<http://msdn.microsoft.com/office/understanding/sharepoint/articles/default.aspx>

ちなみに、日本には日本オリジナルの以下のようなホワイトペーパーもあります。

・CAML を使ったサイトとワークスペースの拡張
<http://download.microsoft.com/download/5/d/8/5d811294-4d63-4a2c-a6b5-deee16cbaf2c/CAML_WP.doc>

CAML や、その他の詳細のテクニックは SDK のトピック及びリファレンスを参照する形になります。

・Collaborative Application Markup Language
<http://msdn.microsoft.com/library/en-us/spptsdk/html/SPPTWSSCAML_SV01072916.asp>
・Customizing Templates for Microsoft Windows SharePoint Services
<http://msdn.microsoft.com/library/en-us/spptsdk/html/SPPTWSSTemplates_SV01072215.asp>

posted by kunitaka at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/503273
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック