2006年03月21日

SPS 2003 での ADFS サポート

 Windows Server 2003 R2 に加わった ADFS (Active Directory Federation Services) を SPS 2003 で利用する場合の技術情報が公開されていたんですね。

・Windows Server 2003 R2 の Active Directory フェデレーション サービス (ADFS) の概要
<http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2003/R2/identity_management/
ADFSwhitepaper.mspx
>

これ、確か、SP2 からサポートになったんだと思いましたが・・・ とは言いつつも、そうそう使う機会は無さそう。

・What's New in Windows SharePoint Services Service Pack 2
<http://office.microsoft.com/en-us/assistance/HA100240591033.aspx>

技術情報はこちらです。 珍しく?機械翻訳じゃないものが提供されています。 それだけ重要ってこと?

・Active Directory フェデレーション サービスに関する Windows SharePoint Services および SharePoint Portal Server 2003 のサポート範囲
<http://support.microsoft.com/kb/912492/ja>

基本的にはサポートされるのですが、Web アプリケーション以外からのアクセスはサポートされないので、必要に機能を止めてねという内容です。
まぁ、エクスプローラビューや Office からの直接アクセス、FrontPage 2003 での編集では、リダイレクト処理がサポートされない限り、対応出来ないのは致し方が無いことです。
それから、SPS 2003 で中規模以上のファーム構成を行った場合、インデックス作成サーバーが別に必要になりますが、ポータルやチームサイトのクロールはフロントエンド Web サーバー経由で行う形になるので、その辺りの対応も必要になるようです。

・Step-by-Step Guide for Active Directory Federation Services
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=062F7382-A82F-4428-9BBD-A103B9F27654&displaylang=en>

直接関係ありませんが、個人的に気になったのは、「[ で編集] および [新しいドキュメント] を無効にする」のトピック。
Docicon.xml には、拡張子に対するアイコンの指定だけでなく、編集メニューへの設定が含まれていたんですね。

posted by kunitaka at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/488724
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック