2007年02月24日

サーバー管理者向けテンプレートのセットアップ

 で、プリプリしていた訳とは。 (→ サーバー管理者向けテンプレートに関するアップデート)

readme.txt を読むと、「アプリケーション テンプレート コア」なるものが必要と言われ、でもダウンロードサイトには無かったし。
今はありますけどね・・・

次に、readme.txt に従ってソリューションの追加を実行しようと、コピペにて以下の部分をコマンド プロンプトに貼り付けて実行しようとすると、
「コマンド ラインのエラーです。」と怒られる。
stsadm -o addsolution -filename

よくよく調べてみると、"-" (ハイフン) の所に変な文字が使われていたからでした。
ダウンロードセンターでのインストール手順の所も同じです。

で、更に、readme.txt に従ってソリューションの展開を実行しようとすると、今度は「'-immediate'、'-local'、または '-time' パラメータのいずれかを指定してください」と怒られる。
はて?
readme.txt には、「このコマンドでは、オプション属性を追加できます。」とは書いてあるが・・・
追加できますじゃ無いじゃん。 追加の必須パラメータがあるということを明記して欲しいものだ。
とりあえず、適当に -local を指定してようやく先に進めました。

その後、こちらの紹介記事にもいろいろとコメントが寄せられたようです。

・Completing the "Fantastic 40" ? 20 remaining application templates now available, plus more!
<http://blogs.msdn.com/sharepoint/archive/2007/02/21/completing-the-fantastic-40-20-remaining-application-templates-now-available-plus-more.aspx>

で、こちらのセットアップガイド記事がポストされています。

・Updated Installation Guide for the 20 server admin Application Templates for WSS 3.0
<http://blogs.msdn.com/sharepoint/archive/2007/02/24/updated-installation-guide-for-the-20-server-admin-application-templates-for-wss-3-0.aspx>

だったら、最初から「きっちり」ガイド作っておけよ!という思うのは私だけでしょうか?

適当に付けた deploysolution コマンドのオプションは環境構成によって違う指定になるようです。

-local: スタンドアロン環境
-immediate: サーバーファーム環境

とりあえず、「全サーバー管理テンプレート」をダウンロードして、全てをセットアップするためのスクリプトを作成しました。
ご活用下さい。

setup-all-ServerAdminTemplates.txt

なお、オプションは -local になっているので、サーバーファーム環境にセットアップする際には、-immediate に書き換えてから実行して下さい。

実行する際には、ファイルの拡張子を .bat に変更して下さい。
コマンド プロンプトに貼り付けでも大丈夫です。

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | レポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3408630
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック