2007年01月08日

(サブ)サイトの移行

 こちら (→ サイトコレクション又はサイトの移行) の続きです。

・移行元からのエクスポート
stsadm -o export -url <サイトURL> -filename <ファイル名>

サイトURL: 任意の (サブ)サイトの URL を指定することが出来ます。
ファイル名: .cab という拡張子を付けるのが正しいようです。 拡張子を指定しないと .cmp が自動的に付与されます。

-includeusersecurity オプション: アクセス権限を抽出します。
-versions 4 オプション: 全てのバージョンを抽出します。 (但し、チェックアウトの状態は含まれません。)
-overwrite オプション: エクスポートファイルが存在しても上書きされます。

基本的に元の(サブ)サイトのサイトの設定、リストやライブラリ、Webパーツの設定などが、元の状態のまま (更新者や更新日の情報含む) 形で移行されます。
但し、Web パーツのビューの設定で、フィルタや並べ替え、アイテム数を制限している場合に、それらは移行されないようです。

・移行先へのインポート
stsadm -o import -url <サイトURL> -filename <ファイル名>

サイトURL: 任意の (サブ)サイトの URL を指定することが出来ます。
ファイル名: エクスポートファイル名を指定します。

-includeusersecurity オプション: アクセス権限を反映します。

移行先については、任意のサイト階層を指定することが出来ます。 但し、上位に必ず(サブ)サイトが存在している必要があります。

posted by kunitaka at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | テクニック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3006124
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック