2006年12月31日

エディションの変更

 エディション ネタが続いていますが・・・

セットアップ後のエディションの変更には注意が必要です。 もちろん、該当するエディションのライセンスを所有していることは言うまでもないですが・・・
評価版から製品版、下位となるエディションから上位のエディションへの変更は、「サーバー構成の管理」の中の「ライセンスの種類の変換」にて、プロダクトキーの入力による可能になりますが、その逆は再セットアップが必要になるようです。

有り勝ちですが、評価は Enterprise で行っていて、そのまま導入が決まり、その環境を製品版へ移行しつつライセンス的には Standard で購入するというような場合です。 この場合、評価環境をそのまま運用環境に切り替えることが出来ないようです。

サポートされるアップグレードパスは、こちらの記事が参考になります。

・Version to Version Supported Upgrade Paths
<http://blogs.msdn.com/sharepoint/archive/2006/11/14/version-to-version-supported-upgrade-paths.aspx>

これにて、年内の更新は終了です。

posted by kunitaka at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/2916345
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック