2006年12月27日

サイトコレクション又はサイトの移行

 stsadm.exe は大幅に機能強化されています。

従来、SPS 2003 ではサイトコレクション単位での移行については stsadm.exe で、完全な形で出来ました。
それに対して、サイトコレクション内の(サブ)サイトについては、smigrate.exe を使うしかなく、その場合、アクセス権限が失われてしまうという不完全なものでした。

これに対して、MOSS 2007 では、(サブ)サイトについても stsadm.exe で完全な形で移行が出来るようになっています。

・移行元からのエクスポート
stsadm -o export -url <サイトURL> -filename <ファイル名> -includeusersecurity -versions 4

・移行先へのインポート
stsadm -o import -url <サイトURL> -filename <ファイル名> -includeusersecurity

ポイントは、includeusersecurity オプションですね。
これによって、アクセス権限が含まれた形になります。

stsadm.exe の機能強化は嬉しいのですが、どんなコマンドがあって、どんなオプションがあるのか全貌が判らん!!!

posted by kunitaka at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | テクニック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/2806869
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック