2006年10月10日

人の検索の活用

 SPS 2003 でのユーザープロファイルの検索の活用についてです。

SPS 2003 では、Active Directory のユーザー情報を、ユーザープロファイルにインポートさせることが出来ます。
そして、ユーザープロファイルのユーザー情報は検索させることが出来ます。

・検索結果の例
人検索.png

検索結果には、表示名、役職、部署、電話番号が表示されます。
残念ながら、検索結果の表示項目をカスタマイズすることが出来ないようです。

一般的に、電話番号には社外向けの外線の番号が設定されていると思います。
社内での検索では、外線番号ではなく、内線番号が検索結果の一覧に表示されていると、簡易的にな電話帳検索に使えそうです。

そこで、Active Directory と SPS のユーザープロファイルのプロパティ マッピングを変更してしまいます。
既定で Active Directory の「電話番号」(telephoneNumber) というプロパティが、SPS 上の「勤務先の電話番号」(WorkPhone) というプロパティにマッピングされています。
例えば、Active Directory の「電話番号 (その他)」(otherTelephone) に内線番号が設定されているとします。 その場合、SPS 上の「勤務先の電話番号」プロパティの「マップする Active Directory プロパティ」を「otherTelephone」に変更し、表記名を「内線番号」などに変更します。
これだけだと、検索結果からユーザープロファイルを表示させた場合に外線番号の表示が無くなってしまうので、必要に応じて、外線番号に相当するプロパティを、SPS 上に「勤務先の電話番号」(WorkPhone2)追加して、「マップする Active Directory プロパティ」に、telephoneNumber を割り当てます。

これらの設定を変更した後に、プロファイルのインポートを実行し直し、「ポータル コンテンツ」のインクリメンタル更新を実行する必要があります。

posted by kunitaka at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | テクニック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1427045
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック