2007年12月31日

Microsoft Office SharePoint Server 2007 機能評価ガイド

 2007年最後の書き込みです。

皆さん、既にご存知かも知れませんが、昔に比べると、随分 MOSS 2007 の TechCenter も整備されて日本語のコンテンツも充実してきています。
これから、MOSS 2007 を触るという方には「ひと目でわかる Microsoft Office SharePoint Server 2007」という書籍 (→ ひと目でわかる Microsoft Office SharePoint Server 2007 ついに発売!!) 以外に、「Microsoft Office SharePoint Server 2007 機能評価ガイド」というホワイトペーパーもお薦めです。

前者は、MOSS 2007 での新しい機能を中心にページが割かれていますが、後者はプラットフォーム部分 (いわゆる WSS、コラボレーション機能) もきちんと触れています。 エンドユーザー向けという観点では、後者の方が一通り網羅されています。

・Microsoft Office SharePoint Server 2007 機能評価ガイド
<http://download.microsoft.com/download/4/0/d/40d7b156-5568-47fc-a905-ff3102fb0e03/MOSS2007_EvalGuide_Word.exe>

上記のリンクは一括ダウンロードの方ですが、下記のサイトには、章毎のダウンロードリンクも用意されています。

・Office SharePoint Server 2007 ダウンロード可能ドキュメント
<http://www.microsoft.com/japan/technet/prodtechnol/office/sharepoint/2007/wp.mspx>
・Microsoft Office SharePoint Server TechCenter
<http://www.microsoft.com/japan/technet/prodtechnol/office/sharepoint/default.mspx>

内容は以下の通りです。

第1章 ポータル
第2章 コラボレーション機能
第3章 検索
第4章 コンテンツ管理
第5章 ビジネス プロセス
第6章 ジネス インテリジェンス
付録: Web パーツ一覧
付録: テンプレート一覧

内容も重要ですが、提供形式が Word ファイルというのもポイントかも知れません。 つまり、これをベースに必要に応じて編集して活用し易いということです。 社内向けのユーザー マニュアルの一部としても使えると思います。

後は、付録も忘れずに。
あまり詳しく書いてある訳では無いですが、どういう Web パーツが用意されているのかが、「Web パーツ一覧」で確認出来ます。
また、サイト テンプレートとその中に含まれるリスト テンプレートについては、「テンプレート一覧」で確認出来ます。

これに、「フィーチャー (機能) 一覧」というのもあれば言うこと無いのですが・・・

ちなみに、山崎愛さんのブログにて「MOSS 製品学習のポイント」という記事が投稿されているので、こちらも参考になります。

・MOSS 製品学習のポイント
<http://shanqiai.weblogs.jp/sharepoint_technical_note/2007/12/moss-07a9.html>

例年、年の前半に投稿が集中し、後半に失速してしまうので、来年はもう少しゆっくりとしたペースでコンスタントに投稿していきたいないと思いつつ・・・
皆さん、良いお年をお迎え下さい〜

ホワイトペーパー MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 23:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 技術情報