2007年05月31日

MOSS 2007 が米国防総省の電子記録用ソフトウエア標準に認定されたらしい

 日本で嬉しいかどうかは良く判りません・・・

SharePoint Server 2007 が米国防総省(DoD)の電子記録管理ソフトウェアの設計基準標準、いわゆる DoD 5015.2 標準の認定を受けたようです。

・Microsoft Office SharePoint Server 2007 Receives U.S. Department of Defense 5015.2 Certification
<http://www.microsoft.com/presspass/press/2007/may07/05-29SharePointDoDPR.mspx?rss_fdn=Press%20Releases>

DoD 5015.2 標準について詳しくはありませんが、少なくともアメリカの政府機関にてレコード管理を利用するための仕様を満たした製品であると言える訳ですね。
但し、正確には年内にリリースされる予定のアドオン・パックの適用が不可欠なようです。

アドオン・パックの内容が非常に気になる所です。 日本語版はリリースされるのだろうか?

ちなみに、関連記事はこちらにあります。

・MS Office SharePoint Server,米国防省の電子記録管理基準認定を取得
<http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070530/272925/>

ということで、5月最後の記事です。
これで、何とか1日最低1記事更新の目標は何とか達成出来ました・・・ 最後はちょっと息切れ気味で苦しかった。
6月は、少しのんびり不定期更新に戻ります。

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品情報