2007年05月25日

SharePoint 雑学: 記憶域スペースの割り当て

 クォータを設定すると出現・・・

こういう便利な機能はクォータの設定に関係なく使えても良いように思うのは私だけだろうか?
「サイト コレクションの管理」には隠れた機能があります。 それが、「記憶域スペースの割り当て」というものです。

StoreManagement.png

ご覧の通り、サイト コレクションのデータ容量のサマリと、リストやライブラリ、ドキュメント、ごみ箱毎のデータ容量が表示されます。
「残りの領域」は確かに、クォータを設定しない限り計算することは出来ませんが、「使用領域」や個々のデータ容量はクォータを設定していなくても表示することは出来ると思った訳です。

クォータを設定していないと「利用状況の概要」または「サイト コレクションの利用状況レポート」と「サイト コレクションの機能」間には何もありません。

StoreManagementLinkNone.png

しかし、クォータの設定を行うと、その間に、「記憶域スペースの割り当て」というリンクが出現します。

StoreManagementLink.png

ちなみに、クォータの設定を行っていないサイト コレクションにて、_layouts/storman.aspx にアクセスしても無駄ですよ〜
「記憶域のクォータが定義されていないサイトには、記憶域スペースの割り当てページを使用できません。」って怒られるだけですから・・・ 残念〜

この機能、サブサイト単位でのデータ容量の表示する機能があれば、言うこと無いのに・・・

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 23:49| Comment(4) | TrackBack(1) | メモ