2007年04月30日

2007 Office System Document: Developer Posters

 既にご存知の方も多いと思いますが・・・

MOSS 2007 (WSS 3.0 含む) 製品と技術全体のアーキテクチャがまとまっている資料って、あんまり無いような気がします。
それはともかく、アーキテクチャがあると良いねと書いた書評 (→ SharePoint 開発者向け書籍) ですが、全体を俯瞰して見るには持って来いの情報があります。

・2007 Office System Document: Developer Posters
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=771AEB45-9D27-4D1F-ACD1-9B950637D64E&displaylang=en>

・Developer Roadmap for the 2007 Microsoft Office System
<http://download.microsoft.com/download/0/9/c/09cda3f2-6d3d-4082-aec5-9a62b7679ecf/2007OfficeSuitesRoadMap.pdf>
the 2007 Microsoft Office System 全体の開発者向けマップです。 クライアントからサーバー製品、ツールやサービスが網羅されています。

・Developer Map for SharePoint Products and Technologies Poster
<http://download.microsoft.com/download/0/9/c/09cda3f2-6d3d-4082-aec5-9a62b7679ecf/WSS%20Platform.pdf>
SharePoint 製品と技術、つまりは MOSS 2007 および WSS 3.0 に関する開発者向けマップです。 機能要素毎にまとめられているので判り易いです。

・Microsoft Office InfoPath 2007 Managed Object Model Poster
<http://download.microsoft.com/download/0/9/c/09cda3f2-6d3d-4082-aec5-9a62b7679ecf/InfoPathObjectModelMap.pdf>
InfoPath 2007 のオブジェクトモデルのマップです。

Developer's Guide to Windows SharePoint Services 3.0 を読みながら、Developer Map for SharePoint Products and Technologies Poster を確認していくと、どの辺りの位置付けなのかと、網羅している範囲を確認することが出来ます。

開発情報 MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発情報

SharePoint 開発者向け書籍

 Developer's Guide to Windows SharePoint Services 3.0 という、現時点での MOSS 2007 開発者向けの書籍としてお薦めの1冊です。

発売されて4ヶ月程度経っている書籍です。 実は、存在自体は以前から認識していましたが、既に SDK も公開されている現在では、今更かなという思いもありましたが、近々出版される Inside シリーズの2冊の予約と一緒に注文してみました。
結論としては、冒頭の通り MOSS 2007 (正確には WSS 3.0) での開発者向けの入門書としてはお勧め出来る書籍であると言えます。 但し、書籍の中にも簡単な説明はありますが、MOSS 2007 および WSS 3.0 に関する基礎知識はある程度必要です。 内容としては、WSS 3.0 について、カスタマイズおよび開発可能な機能や API に関する一通りについて、簡単な解説とステップバイステップによる手順、サンプルコードなどが掲載されています。 広く浅くという所に注力しているので、応用的なもの、より詳細のテクニックの解説は期待出来ませんが、WSS 3.0 での開発可能な機能の一通りが把握出来るということに特化すれば十分だと思います。
これに、MOSS 2007 および WSS 3.0 の製品と技術に関するアーキテクチャについての解説がもう少しあると、全体像を理解しつつ各機能との関係が判って、より理解が進むのではないかと感じました。 付録に CD-ROM が付いていますが、サンプルコードと書籍内の画面ショットのカラー画像が収録されているだけでした。

目次は以下の通りです。

Chapter 1 WSS v3 Primer
Chapter 2 WSS v3 Out of the Box
Chapter 3 WSS v3 Authentication
Chapter 4 WSS v3 Authorization
Chapter 5 Customizing WSS v3
Chapter 6 WSS v3 Site Definitions
Chapter 7 WSS v3 Features
Chapter 8 WSS v3 Web Services
Chapter 9 Web Part Fundamentals
Chapter 10 Custom Web Parts
Chapter 11 Advanced Web Part Techniques
Chapter 12 AJAX-Style Web Parts
Chapter 13 WSS v3 Object Model Fundamentals
Chapter 14 WSS v3 Object Model Techniques
Chapter 15 WSS v3 Custom Field Types
Chapter 16 WSS v3 Events
Chapter 17 WSS v3 Workflow
Chapter 18 WSS v3 Localization
Chapter 19 WSS v3 Protocols
Chapter 20 WSS v3 Performance
Chapter 21 Upgrading WSS v2 to WSS v3

・Developer's Guide to Windows SharePoint Services 3.0
<http://www.charlesriver.com/Books/BookDetail.aspx?productID=149744>

Developers Guide to Windows SharePoint Services 3.0-1.jpgDevelopers Guide to Windows SharePoint Services 3.0-2.jpg

著者は、Todd C. Bleeker という方です。 他にも、Step by Step シリーズなども書いているんですね・・・ ちなみに、この人のブログはこちらです。

・Todd Bleeker's 12 Hive
<http://mindsharpblogs.com/Todd/>

書籍 MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌

在席状況信号機 Web パーツ (Microsoft Office SharePoint Server 2007 版)

 あの? Web パーツの MOSS 2007 版が公開されていました。 (→ 公共機関向けサイトでも SPS 2003 向けサンプル Web パーツ追加)

残念ながら、在席状況信号機 Web パーツのみです。
MOSS 2007 版のページでは、機能紹介と動作内容、インストール手順と項目の追加などが掲載されているので判り易いかも。

・在席状況信号機 Web パーツ (Microsoft Office SharePoint Server 2007 版)
<http://www.microsoft.com/japan/business/industry/gov/download/
sharepoint_shingo_parts_2007.mspx
>

相変わらず、「無償提供の対象は、公共機関様に限ります。」の表記は付いていますけどね。

ツール MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Web パーツ