2007年03月24日

ThinkIT の徹底比較!! グループウェア

 純粋に、SharePoint Server 2007 にフォーカスした記事ではありませんが、一部で触れている部分があります。

と言うか、何で、SharePoint Server 2007 の回が無いんだ!! と、思ったりして・・・
こちらは、普段ウォッチしている Impress Watch の中の Enterprise Watch に掲載されている所を見つけました。

徹底比較!! グループウェア:

・第1回:変革するグループウェア〜普及までの経緯と現在
<http://www.thinkit.co.jp/free/article/0702/10/1/>
・第3回:アプリケーション連携によって柔軟な対応ができる「Exchange Server」
<http://www.thinkit.co.jp/free/article/0702/10/3/>
・第9回:進化するグループウェア
<http://www.thinkit.co.jp/free/article/0702/10/9/>

第1回は、グループウェアとはから始まって、グループウェアの変遷、グループウェアの活用に関する分析、そして、これからの次期コラボレーション基盤としての期待がまとめられています。 最後の方で、ブログや Wiki に対応したという観点で、SharePoint Server 2007 を挙げています。
また、グループウェアのアップグレードおよび移行の検討という観点で、Lotus Notes/Domino のサポート期限が切れる点も気になる所です。 Domino 6 は、もうサポート期限切れになるんですね・・・ SharePoint Server 2007 への移行も期待出来るのだろうか?

第3回は、Exchange Server という観点よりは the 2007 Microsoft Office system にフォーカスしていて、コミュニケーション基盤としての Exchange Server、コラボレーション基盤としての Groove、コンテンツ管理およびビジネスプロセス基盤としての SharePoint Server、文書管理基盤としての Windows Rights Management テクノロジという切り口でまとめられています。
SharePoint Server と Windows Rights Management についてのフォーカス・ポイントが少々強引なような気がしますが、SharePoint Server 2007 の機能強化された部分に特化したということなんでしょうね。

第9回は、特集の最後ということで、グループウェアを中核としたコラボレーション製品群の動向についてまとめられています。 コラボレーションやコミュニケーションツールとの連携が不可欠な点、Web 2.0 的要素の取り込みを挙げた上で、企業におけるコラボレーションとコンテンツ管理の進展というロードマップを描き、最後に、インフォメーションワークプレイスプラットフォームという2010年のあるべき姿を描いて終わっています。
この、インフォメーションワークプレイスプラットフォームをよくよく見てみると、SharePoint Server 2007 が網羅している範囲とかなり重なっていることが判ります。 今後、リリースされる予定の Communications Server 2007 が揃えば、ほとんどカバー出来そうな感じです。

個人的には、Lotus Notes 3.x の頃から関わり始めたことを考えると、日本でのグループウェアの浸透と共に歩んでいることが感慨深いです。

・ThinkIT オープンソース時代の企業システム選択ポータル
<http://www.thinkit.co.jp/>
・Enterprise Watch
<http://enterprise.watch.impress.co.jp/>
・Impress Watch
<http://www.watch.impress.co.jp/>

オンライン記事 MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | オンライン記事

MOSS 2007 リソース.オンライン記事

MOSS 2007 リソース
2007.04.29 更新

・ITmedia エンタープライズ:エンタープライズコンテンツ管理――情報をしっかり管理、バッチリ活用!
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/special/0702/ecm/>
・ファイル共有からコンテンツ管理へ
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0702/26/news007.html>
・内部統制への対応で注目を集める"使える"エンタープライズコンテンツマネジメント
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0702/27/news002.html>
・「攻めの思考」の情報管理・マイクロソフトのECM
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0702/28/news006.html>
・ECMでラクになる!文書管理・運用の実際
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/02/news006.html>
・「手になじむ」文書管理を実現しよう――効率的+合理的ECMのススメ
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/07/news004.html>
・コンテンツ管理、はじめました――よくあるケースの運用ポイント
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/08/news008.html>
・社員はルールを守らない!?現場とのギャップを埋める「3つの原則」
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/09/news005.html>
・今なら間に合う内部統制――J-SOXとECMのオイシイ関係
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/13/news004.html>
・SharePoint Server 2007によるECM構築――画面で分かるドキュメント作成
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/14/news005.html>
・「ハンコください」はもう古い!上司のOKを素早くGETする方法
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/15/news009.html>
・SharePointで始めるコラボレーション――画面で分かる「文書の公開」
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/16/news013.html>
・文書のライフサイクル管理を支援する「ドキュメントライブラリ」
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/20/news008.html>
・PowerPointファイルの共有を支援する「スライドライブラリ」
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/22/news008.html>
・制御していることすら気付かない――アクセス権限をスムーズに管理
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/23/news009.html>
・文書管理をカスタマイズ――「コンテンツタイプ」設定指南
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/28/news012.html>
・承認の効率化で業務をスピードアップ――SharePoint機能詳解「ワークフロー」編
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/29/news010.html>
・内部統制に向けた現実解――SharePoint機能詳解「ポリシー管理」編
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/30/news008.html>


・MS、Lotus Notes/Dominoからの移行ツールをアップデート
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/06/news031.html>
・ドキュメント管理機能を一新したSharePoint Server 2007
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/19/news021.html>
・Officeとの連携が最大の強みとなるか、SharePoint Server 2007
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/23/news077.html>


○ThinkIT の徹底比較!! グループウェア
・第1回:変革するグループウェア〜普及までの経緯と現在
<http://www.thinkit.co.jp/free/article/0702/10/1/>
・第3回:アプリケーション連携によって柔軟な対応ができる「Exchange Server」
<http://www.thinkit.co.jp/free/article/0702/10/3/>
・第9回:進化するグループウェア
<http://www.thinkit.co.jp/free/article/0702/10/9/>

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | リソース

ITmedia の SharePoint Server 2007 関連の記事

 ITmedia エンタープライズは、SharePoint Server 2007 関連の記事が立て続けに掲載されている感じがします。

こういう記事が増えて、SharePoint Server 2007 の導入機運が盛り上がり、いろいろな活用事例やソリューションが増えてくることを期待したい。

・ドキュメント管理機能を一新したSharePoint Server 2007
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/19/news021.html>
・Officeとの連携が最大の強みとなるか、SharePoint Server 2007
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/23/news077.html>

最初の記事は、ドキュメント管理機能に関するものです。
ドキュメント管理のプラットフォームとしての位置付けや MOSS 2007 での機能とアーキテクチャ、ドキュメントライブラリの強化点、コンテンツタイプや標準ワークフロー機能、ドキュメント管理に特化した「ドキュメントセンター」というサイトテンプレート、ドキュメントコンバータについての簡単な解説となっています。

2番目の記事は、Office 2007 との連携にフォーカスした、ドキュメント管理機能に関するものです。
最初に、メタデータ入力に関連してドキュメント情報パネル、オフライン機能、他のドキュメント管理製品との優位点、利用する上での注意点がまとめられています。 注意すべきは、最後に書かれている要件ですね。
Windows Server 2003 については SP1 以降が必要、SQL Server 2000 については SP3a 以降が必要なはずです。

・Determine hardware and software requirements (Office SharePoint Server)
<http://technet2.microsoft.com/Office/en-us/library/3e3b8737-c6a3-4e2c-a35f-f0095d952b781033.mspx?mfr=true>

これらの記事は、エンタープライズ:エンタープライズコンテンツ管理の特集に連動しているんでしょうかね。

・ITmedia エンタープライズ:エンタープライズコンテンツ管理――情報をしっかり管理、バッチリ活用!
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/special/0702/ecm/>

そう言えば、Directions on Microsoft 日本語版は、いつの間にかオンライン化されていたんですね・・・ 道理で、最近、雑誌自体を見掛けなくなった訳だ。

・Windowsストラテジー by Directions on Microsoft (ITmedia エンタープライズ)
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/windows/>
・Directions on Microsoft 日本語版
<http://www.mediaselect.co.jp/dom/>

MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | オンライン記事

コンプライアンス時代のマストアイテム!エンタープライズコンテンツ管理 まだまだ続く

 引き続き、記事の追加が続いています。

前回、まだ続く可能性があると書きました。 (→ コンプライアンス時代のマストアイテム!エンタープライズコンテンツ管理 さらに続き)
しかし、予想していた「文書の運用管理設定」についてではなく、ライブラリの個々の機能に関する記事が続きました。 そう〜来たか!という感じ。

今週分は、「コンプライアンス時代の情報管理 Microsoft Office SharePoint Server 2007 活用ガイド」の中の「Microsoft Office SharePoint Server 2007 機能詳解」から、「PART.02 ドキュメントライブラリ」の部分を3回に分けて掲載されています。

・文書のライフサイクル管理を支援する「ドキュメントライブラリ」
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/20/news008.html>
・PowerPointファイルの共有を支援する「スライドライブラリ」
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/22/news008.html>
・制御していることすら気付かない――アクセス権限をスムーズに管理
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/23/news009.html>

ムックではモノクロ記事でしたが、オンラインムック Plus では画面がカラーで掲載されているので良いですね。

・ITmedia エンタープライズ:エンタープライズコンテンツ管理――情報をしっかり管理、バッチリ活用!
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/special/0702/ecm/>

MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | オンライン記事