2007年03月21日

今週 (2007/03/05) の MOSS 2007 & WSS 3.0 Technical Library アップデート

 今まで見落としていましたが、WSS 3.0 Technical Library も毎週アップデートされていたようです。

ということで、今回から、Office SharePoint Server 2007 Technical Library と Windows SharePoint Services 3.0 Technical Library の両方のアップデートを追い掛けようと思います。

・Newly published content for Office SharePoint Server 2007
<http://technet2.microsoft.com/Office/en-us/library/3e3b8737-c6a3-4e2c-a35f-f0095d952b781033.mspx?mfr=true>
・Newly published content for Windows SharePoint Services
<http://technet2.microsoft.com/windowsserver/WSS/en/library/8a9690e4-6917-4aab-82ce-cdbe989a20531033.mspx?mfr=true>

タイトルは今週となっていますが、少々忙しくて、2週間前のアップデート分です。

この週 (3/05) のアップデートでは、4つの新しい記事が公開されているようです。
記事の数はちょっと少なめですね・・・ でも、Excel Services のステップバイステップガイドはかなりボリュームがあります。

新着記事:

・Plan e-mail message records retention
<http://technet2.microsoft.com/Office/en-us/library/8f752e21-b5af-4ed1-b48e-26a72a6d3eaf1033.mspx?mfr=true>
電子メールの MOSS でのレコード管理の計画に関するトピックです。 Exchange Server 2007 を利用している場合には、MOSS 2007 のレコード管理と連携により、電子メールのポリシーベースのジャーナルが利用可能になります。

・White papers: Excel Services step-by-step guides
<http://technet2.microsoft.com/Office/en-us/library/eea3ace8-0863-429a-b1e8-041254ed2fc41033.mspx?mfr=true>
Excel Services 機能を利用するための構成や設定に関するステップバイステップによるガイド 10個へのリンクになっています。 Excel Services を活用する際に有用な資料です。


・Installing application templates for Windows SharePoint Services 3.0
<http://technet2.microsoft.com/windowsserver/WSS/en/library/a8a4d451-1d24-49c8-b679-e6453a18715c1033.mspx?mfr=true>
先日公開されたアプリケーション テンプレートに向けたインストールガイドです。 サイト管理者及びサーバー管理者の両方のガイドが含まれています。

・Create quota templates (Windows SharePoint Services)
<http://technet2.microsoft.com/windowsserver/WSS/en/library/6d984258-158b-40d5-b4a5-cdb2cfe8e5f31033.mspx?mfr=true>
サイトコレクションに適用可能なクォータ テンプレートの作成手順です。

MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術情報

ひと目でわかる Microsoft Office SharePoint Server 2007 を読んでみて

 一通り、読み通してみました。

基本的な書評はこちらの通りです。 (→ ひと目でわかる Microsoft Office SharePoint Server 2007 ついに発売!!)

改めて読み直してみると、レコード管理をはじめとして、InfoPath Services や Excel Services などの新たに追加された機能、SharePoint Designer 2007 によるワークフロー、細かいところでシングルサインオンの機能に触れていたりして、広く浅くではありますが、意外と良く出来た本だなと実感しました。

改めて、SharePoint Server 2007 入門書としてお勧めします。

さて、気になる点も幾つかあります。

最も致命的?なのは、削除したサイトはごみ箱に移り、復元することが可能という記述です。
→ P65 ヒント「ごみ箱の利用」、P322 ヒント「削除したサイトはごみ箱に移される」

サイトやサイトコレクションは削除すると、その時点で消え去ります。
ちなみに、ごみ箱で救われるのは、こちらの通りです。 (→ ごみ箱で救われるもの)

そのうち、こちらに掲載されるかな〜

・訂正&アップデート @ 日経BPソフトプレス OnLine
<http://bpstore.nikkeibp.co.jp/nsp/teisei/index.html>

後は、少し説明が足りないかなと気になる点です。

受信メールの設定は、SMTP サービスのインストールだけでなく、SMTP サービスの構成が必要だということです。
→ P34 「受信メールを設定する」、P35 ヒント「受信メールとSMTP」

まぁ改めて言うまでも無いのですが、SMTP サービスをインストールして、MOSS 側の設定だけではメールが受信されるわけでは無いので・・・

1台構成で SQL Server Standard Edition 以上を利用する場合は、予め SQL Server をセットアップしておいてから、インストールの種類で「詳細設定」-「完全」を選択することで可能になります。
→ P4 SharePoint Server 2007のインストールの前に - 物理トポロジ

この辺になると、マニアック?な Tips という感じですね。
普段、持ち出し可能なノートPCによるデモ環境では、Active Directory を構成して、SQL Server 2005と同居させた1台で完結した形にしています。

参考までに。

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 16:57| Comment(6) | TrackBack(0) | レポート

MOSS 2007 リソース について

 記事に埋もれちゃうとまずいので・・・

現在、整備中の MOSS 2007 リソース ですが、ブログの記事に埋もれちゃうのはよろしくないので、目立つようにしました。
サイトの左上に、こちらのリンクを置きましたので、必要に応じて参照して下さい。

MOSS 2007 リソース

当初は、目立つようにカレンダーの上に置こうと思いましたが、何となくバランスがよろしくないので、カレンダーの下に置きました。
今のところ、トップページにしかありませんが、順次、全てのページに反映される予定です。

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記