2007年03月30日

Windows SharePoint Services 3.0 Tools: Visual Studio 2005 Extensions

 そう言えば、公開されたいたんですよね。 (→ Visual Studio 2005 extensions for Windows SharePoint Services 3.0, November CTP)

MOSS 2007 および WSS 3.0 向けに、Web パーツの開発をはじめとして、サイト定義やリスト定義を作成するための開発支援ツールとしての位置付けになります。
ダウンロードページの概要によると、カスタムフィールドやコンテンツタイプも開発するためのテンプレートも含まれているようです。

・Windows SharePoint Services 3.0 Tools: Visual Studio 2005 Extensions
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=19f21e5e-b715-4f0c-b959-8c6dcbdc1057&displaylang=en>

このアドインを使って、作ってみたい Web パーツがありますが、本業が忙しくて、なかなか時間が無い・・・

ツール MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 07:30| Comment(1) | TrackBack(0) | ツール

待望の Microsoft Office SharePoint Server 2007 試用版がダウンロード可能に

 何故か、日本語版がなかなか公開されていませんでしたが・・・ (→ Microsoft Office SharePoint Server 2007 評価版)

無事に、公開されたようです。
これで、今まで以上に気軽に評価の目的のためにインストールが出来るようになりそうです。

ちなみに、評価版には 32bit 版と 64bit (x64) 版の両方があります。
環境に合わせて選択する必要があります。

・Microsoft Office SharePoint Server 2007 試用版
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=2e6e5a9c-ebf6-4f7f-8467-f4de6bd6b831&DisplayLang=ja>
・Microsoft Office SharePoint Server 2007 Trial Version (x64) - 日本語
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=3015fde4-85f6-4cbc-812d-55701fbfb563&DisplayLang=ja>

製品情報 MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 07:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 製品情報

2007年03月27日

NEC ラーニングでも SharePoint Server 2007 関連のトレーニング開始

 お、いつの間にか、NEC ラーニングでも始まっています。

既に開始済みのグローバルナレッジに加えて、NEC ラーニングでも有償トレーニングが始まったようです。
グローバルナレッジの4コースとは、また、違った切り口になっているようなので、ラインアップが増えることは良いことです。

・[新コース]待望のMicrosoft Office SharePoint Server 2007 3コース開催決定
<http://www.neclearning.jp/co_recommend/20070316_2.html>

・Microsoft Office SharePoint Server 2007 部門を横断したコラボレーションを実現する文書管理ポータルの構築(NECラーニングオリジナル)
<http://www.neclearning.jp/public/course.php?cd=MU579>
概要: Microsoft SharePoint Server 2007におけるチームサイトの作成と管理、ドキュメントの管理について修得します。
日数: 1日
・Microsoft Office SharePoint Server 2007 Excel Services を活用した基幹システムとの連携(NECラーニングオリジナル)
<http://www.neclearning.jp/public/course.php?cd=MU580>
概要: Excel 2007で強化されたデータ分析の機能を利用した基幹システムの分析方法と、SharePoint Server 2007と連携させてデータ分析を行うビジネスインテリジェンス(BI)機能について修得します。
日数: 1日
・Microsoft Office SharePoint Server 2007 電子フォームを活用した帳票作成と帳票の一元管理(NECラーニングオリジナル)
<http://www.neclearning.jp/public/course.php?cd=MU581>
概要: InfoPath 2007を使った基本的な電子フォームの作成方法、データベース連携の方法、SharePoint Server 2007とInfoPath 2007を連携させた電子フォームの一元管理とInfoPath Forms Servicesを利用したWebブラウザ互換フォームの発行方法について修得します。
日数: 1日

「部門を横断したコラボレーションを実現する文書管理ポータルの構築」については、毎月開催されるようです。 残りの2つは2ヶ月に1回のようです。
「部門を横断したコラボレーションを実現する文書管理ポータルの構築」は、いわゆる基礎編的な講習の内容ですね。
残りは、MOSS 2007 の Excel Services を活用したシナリオ向け、InfoPath 2007 と MOSS 2007 の InfoPath Forms Services を活用したシナリオ向けに特化した内容になっているようです。

・NECラーニング
<http://www.neclearning.jp/>

トレーニング MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング

SharePoint Server 2007 言語パック

 今頃になって、ダウンロードセンターに公開されています。

今まで、MVLS (Microsoft Volume Licensing Services) というサイトからダウンロードするしかなかった、SharePoint Server 2007 言語パックがダウンロードセンターにて公開されていました。

・SharePoint Server 2007 Language Pack (x86)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=2447426b-8689-4768-bff0-cbb511599a45&DisplayLang=ja>

こちらのリンク先は日本語版になりますが、今の所、アラビア語、タイ語、ヒンディー語、ヘブライ語、英語、韓国語、中国語(簡体)、中国語(繁体)、日本語の9言語が公開されています。
注記によると、こちらは、試用目的でのみ利用可能なようです。 本番環境への導入には、従来どおり、MVLS のサイトからダウンロードするべきなのでしょう。

ちなみに、これら以外の言語 (ヨーロッパ系など) や、64ビット環境 (x64) 向けについては、やはり MVLS のサイトからダウンロードする必要があります。

なお、WSS 3.0 向けの言語パックは別になるので注意が必要です。 (→ 言語パックについて)

何はともあれ、お手軽に言語パックを利用した構成が評価出来る点は良いことです。 (→ 言語パックいろいろ)、(→ バリエーションの構成)

ツール MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール

2007年03月25日

MOSS 2007 リソース.ホワイトペーパー

MOSS 2007 リソース
2007.04.29 更新

◆日本語
・Microsoft Office SharePoint Server 2007 評価ガイド
<http://office.microsoft.com/search/redir.aspx?AssetID=XT012139131041&Origin=HH100646781041&CTT=5>

・2007 Microsoft Office system のコンプライアンス機能
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=d64dfb49-aa29-4a4b-8f5a-32c922e850ca&DisplayLang=ja>
・ステップバイステップ ガイド : Windows Rights Management Services と Microsoft Office SharePoint Server 2007 の展開
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=7bab2321-71e6-4cf2-8bcd-0880e0d1cda3&DisplayLang=ja>
・Microsoft Office SharePoint Server 2007 インデクシング パフォーマンス検証 ホワイトペーパー
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=d7d9a949-5ef3-4ffa-b71b-d4c8b7e25c5e&DisplayLang=ja>

◆英語

・Microsoft Office SharePoint Server 2007 Evaluation Guide
<http://office.microsoft.com/search/redir.aspx?AssetID=AM102179571033>
・Search in Microsoft Office SharePoint Server 2007 Evaluation Guide
<http://office.microsoft.com/download/afile.aspx?AssetID=AM102140171033>

・Plan for building multilingual solutions by using SharePoint Products and Technologies
<http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=79322>
・Using Database Mirroring with Office SharePoint Server and Windows SharePoint Services
<http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=83725&clcid=0x409>

・White papers: Excel Services step-by-step guides
Setting up the Server - Step 1: Creating a Trusted Location with Excel Services
<http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=84833&clcid=0x409>
Setting up the Server - Step 2: Configuring Single Sign-On for Excel Services
<http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=84834&clcid=0x409>
Setting up the Server - Step 3: Creating a Trusted Data Connection Library with Excel Services
<http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=84836&clcid=0x409>
Building a Report Based on Cube Functions for Excel Web Access
<http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=84828&clcid=0x409>
Protecting Workbook Intellectual Property (IP) with View Item Rights
<http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=84832&clcid=0x409>
Using OLAP Formulas, Conditional Formatting, and Charts
<http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=84838&clcid=0x409>
Building an OLAP PivotTable Report with Excel Services
<http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=84830&clcid=0x409>
Building a Relational PivotTable Report with Excel Services
<http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=84827&clcid=0x409>
Building a Report with a Chart for Excel Web Access Based on Cube Functions
<http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=84829&clcid=0x409>
Creating a Multi-Report Summary Page of Reseller Sales Data
<http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=84831&clcid=0x409>

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | リソース

MOSS 2007 リソース.ツール

MOSS 2007 リソース
2007.04.29 更新

◆日本

◇製品 追加コンポーネント
・SharePoint Server 2007 Language Pack (x86)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=2447426b-8689-4768-bff0-cbb511599a45&DisplayLang=ja>

◇アプリケーション テンプレート
・GroupBoard Workspace 2007
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=4C32235F-E061-4B99-BD66-68ECF3CE125E&displaylang=ja>

・Windows SharePoint Services 3.0 アプリケーション テンプレート: 全サーバー管理テンプレート
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=aae4cb5a-91d2-4f1b-9a45-3bb894e218f8&DisplayLang=ja>
・Windows SharePoint Services 3.0 アプリケーション テンプレート: アプリケーション テンプレート コア
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=c1039e13-94da-4d7d-8cae-3b96fa5a4045&DisplayLang=ja>
・Absence Request and Vacation Schedule Management (日本語版: 欠勤届および休暇スケジュール管理)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=56406562-01f9-4a18-9924-2dc0684232c8&DisplayLang=ja>
・Budgeting and Tracking Multiple Projects (日本語版: 複数プロジェクト予算・進捗管理)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=04fda604-bab0-4e43-8b88-38101dfe121a&DisplayLang=ja>
・Bug Database (日本語版: バグ データベース)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=c72d23af-f556-47aa-a6f2-0027246a9928&DisplayLang=ja>
・Call Center (日本語版: コール センター)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=4eab254b-f775-476d-83a7-a232dd3a21f4&DisplayLang=ja>
・Change Request Management (日本語版: 変更依頼管理)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=7bcea3bd-fe37-4532-a58b-051da6a6900a&DisplayLang=ja>
・Compliance Process Support Site (日本語版: 法令遵守プロセス サポート サイト)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=e272a569-6c3e-4a35-baed-de24264e9d2a&DisplayLang=ja>
・Contacts Management (日本語版: 連絡先管理)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=86eaf23e-7606-4c7a-bd45-3a9fcf861183&DisplayLang=ja>
・Document Library and Review (日本語版: 閲用ドキュメント ライブラリ)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=02c4d1b4-7d53-4b72-b577-3da23f86ec17&DisplayLang=ja>
・Event Planning (日本語版: イベント企画)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=cb44f5d2-19bf-48b1-9154-cc5d66513195&DisplayLang=ja>
・Expense Reimbursement and Approval (日本語版: 経費精算・承認)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=380DCE97-4585-4DAF-A17E-35CF1109EF5B>
・Help Desk (日本語版: ヘルプ デスク)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=CE90D6D7-7B96-47BF-A22F-A7E8C5D40647>
・Inventory Tracking (日本語版: 在庫管理)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=7E45A0F5-68E9-4E1F-9279-28981F5C7053>
・IT Team Workspace (日本語版: IT チーム ワークスペース)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=3A69CF29-0010-42DE-AEA5-D9AC8D57BFBA>
・Job Requisition and Interview Management (日本語版: 求人・面接管理)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=B193C98B-562E-43DF-9EDF-25C674A9CA90>
・Knowledge Base (日本語版: サポート技術情報)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=BC4E5C4E-FBBB-4666-8E32-C4CEE09E1FE6>
・Lending Library (日本語版: 貸出図書)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=89514708-E33C-4EA7-8AF2-C04B3657B27B>
・Physical Asset Tracking and Management (日本語版: 物的資産管理)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=AA0CBE99-06B8-4A8D-93FD-A48E66410544>
・Project Tracking Workspace (日本語版: プロジェクト管理ワークスペース)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=F9B98691-4D6B-4382-A415-0F8D3080DFC1>
・Room and Equipment Reservations (日本語版: 部屋・備品の予約)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=3CF62351-D91D-44EE-9169-68303C205292>
・Sales Lead Pipeline (日本語版: 潜在顧客管理)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=A9C1228A-832C-4E88-A864-4B8800B8CD02>

◇ツール
・Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 Management Pack for Microsoft Operations Manager 2005 - 日本語
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=db1cadf7-1a12-40f5-8eb5-820c343e48ca>
・Microsoft Office SharePoint Server 2007 MP for MOM 2005 - 日本語
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=247C06BA-C599-4B22-B2D3-7BF88C4D7811>

◆英語

◇アプリケーション テンプレート
・Release UGE 1.0 Production
<http://www.codeplex.com/CKS/Release/ProjectReleases.aspx?ReleaseId=1926>

◇ツール
・Windows SharePoint Services 3.0 Tools: Visual Studio 2005 Extensions
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=19f21e5e-b715-4f0c-b959-8c6dcbdc1057&displaylang=en>

・Microsoft Best Practices Analyzer for Windows SharePoint Services 3.0 and the 2007 Microsoft Office System
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=cb944b27-9d6b-4a1f-b3e1-778efda07df8&displaylang=en>
・GotDotNet User Sample: MOSS Query Tool
<http://www.gotdotnet.com/Community/UserSamples/Details.aspx?SampleGuid=89b3cda7-aad9-4919-8faf-34ef9b28c57b>

・.STP Language Converter
<http://www.kwizcom.com/ContentPage.asp?PageId=165>
・Colligo Reader for SharePoint
<http://www.colligo.com/products/sharepoint/reader_home.asp>

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | リソース

MOSS 2007 リソース.トレーニング

MOSS 2007 リソース
2007.04.29 更新

◇グローバル ナレッジ ネットワーク株式会社
・Microsoft Office SharePoint Server 2007入門
<http://www.globalknowledge.co.jp/reference/Reference.asp?KBN=3&DCODE=3&SCODE=155&PCODE=3388>
・Microsoft Office SharePoint Server 2007構成と管理
<http://www.globalknowledge.co.jp/reference/Reference.asp?KBN=3&DCODE=3&SCODE=155&PCODE=3389>
・Microsoft Office SharePoint Server 2007開発と構築
<http://www.globalknowledge.co.jp/reference/Reference.asp?KBN=3&DCODE=3&SCODE=155&PCODE=3387>
・Microsoft Windows SharePoint Services 3.0によるチームサイトの構築
<http://www.globalknowledge.co.jp/reference/Reference.asp?KBN=1&DCODE=3&SCODE=155&PCODE=3169>
・SharePoint製品関連のグローバルナレッジ開催コース
<http://www.globalknowledge.co.jp/reference/Reference.asp?KBN=1&DCODE=3&SCODE=155>

◇NECラーニング株式会社
・Microsoft Office SharePoint Server 2007 部門を横断したコラボレーションを実現する文書管理ポータルの構築 (NECラーニングオリジナル)
<http://www.neclearning.jp/public/course.php?cd=MU579>
・Microsoft Office SharePoint Server 2007 Excel Services を活用した基幹システムとの連携 (NECラーニングオリジナル)
<http://www.neclearning.jp/public/course.php?cd=MU580>
・Microsoft Office SharePoint Server 2007 電子フォームを活用した帳票作成と帳票の一元管理 (NECラーニングオリジナル)
<http://www.neclearning.jp/public/course.php?cd=MU581>

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | リソース

2007年03月24日

ThinkIT の徹底比較!! グループウェア

 純粋に、SharePoint Server 2007 にフォーカスした記事ではありませんが、一部で触れている部分があります。

と言うか、何で、SharePoint Server 2007 の回が無いんだ!! と、思ったりして・・・
こちらは、普段ウォッチしている Impress Watch の中の Enterprise Watch に掲載されている所を見つけました。

徹底比較!! グループウェア:

・第1回:変革するグループウェア〜普及までの経緯と現在
<http://www.thinkit.co.jp/free/article/0702/10/1/>
・第3回:アプリケーション連携によって柔軟な対応ができる「Exchange Server」
<http://www.thinkit.co.jp/free/article/0702/10/3/>
・第9回:進化するグループウェア
<http://www.thinkit.co.jp/free/article/0702/10/9/>

第1回は、グループウェアとはから始まって、グループウェアの変遷、グループウェアの活用に関する分析、そして、これからの次期コラボレーション基盤としての期待がまとめられています。 最後の方で、ブログや Wiki に対応したという観点で、SharePoint Server 2007 を挙げています。
また、グループウェアのアップグレードおよび移行の検討という観点で、Lotus Notes/Domino のサポート期限が切れる点も気になる所です。 Domino 6 は、もうサポート期限切れになるんですね・・・ SharePoint Server 2007 への移行も期待出来るのだろうか?

第3回は、Exchange Server という観点よりは the 2007 Microsoft Office system にフォーカスしていて、コミュニケーション基盤としての Exchange Server、コラボレーション基盤としての Groove、コンテンツ管理およびビジネスプロセス基盤としての SharePoint Server、文書管理基盤としての Windows Rights Management テクノロジという切り口でまとめられています。
SharePoint Server と Windows Rights Management についてのフォーカス・ポイントが少々強引なような気がしますが、SharePoint Server 2007 の機能強化された部分に特化したということなんでしょうね。

第9回は、特集の最後ということで、グループウェアを中核としたコラボレーション製品群の動向についてまとめられています。 コラボレーションやコミュニケーションツールとの連携が不可欠な点、Web 2.0 的要素の取り込みを挙げた上で、企業におけるコラボレーションとコンテンツ管理の進展というロードマップを描き、最後に、インフォメーションワークプレイスプラットフォームという2010年のあるべき姿を描いて終わっています。
この、インフォメーションワークプレイスプラットフォームをよくよく見てみると、SharePoint Server 2007 が網羅している範囲とかなり重なっていることが判ります。 今後、リリースされる予定の Communications Server 2007 が揃えば、ほとんどカバー出来そうな感じです。

個人的には、Lotus Notes 3.x の頃から関わり始めたことを考えると、日本でのグループウェアの浸透と共に歩んでいることが感慨深いです。

・ThinkIT オープンソース時代の企業システム選択ポータル
<http://www.thinkit.co.jp/>
・Enterprise Watch
<http://enterprise.watch.impress.co.jp/>
・Impress Watch
<http://www.watch.impress.co.jp/>

オンライン記事 MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | オンライン記事

MOSS 2007 リソース.オンライン記事

MOSS 2007 リソース
2007.04.29 更新

・ITmedia エンタープライズ:エンタープライズコンテンツ管理――情報をしっかり管理、バッチリ活用!
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/special/0702/ecm/>
・ファイル共有からコンテンツ管理へ
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0702/26/news007.html>
・内部統制への対応で注目を集める"使える"エンタープライズコンテンツマネジメント
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0702/27/news002.html>
・「攻めの思考」の情報管理・マイクロソフトのECM
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0702/28/news006.html>
・ECMでラクになる!文書管理・運用の実際
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/02/news006.html>
・「手になじむ」文書管理を実現しよう――効率的+合理的ECMのススメ
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/07/news004.html>
・コンテンツ管理、はじめました――よくあるケースの運用ポイント
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/08/news008.html>
・社員はルールを守らない!?現場とのギャップを埋める「3つの原則」
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/09/news005.html>
・今なら間に合う内部統制――J-SOXとECMのオイシイ関係
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/13/news004.html>
・SharePoint Server 2007によるECM構築――画面で分かるドキュメント作成
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/14/news005.html>
・「ハンコください」はもう古い!上司のOKを素早くGETする方法
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/15/news009.html>
・SharePointで始めるコラボレーション――画面で分かる「文書の公開」
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/16/news013.html>
・文書のライフサイクル管理を支援する「ドキュメントライブラリ」
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/20/news008.html>
・PowerPointファイルの共有を支援する「スライドライブラリ」
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/22/news008.html>
・制御していることすら気付かない――アクセス権限をスムーズに管理
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/23/news009.html>
・文書管理をカスタマイズ――「コンテンツタイプ」設定指南
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/28/news012.html>
・承認の効率化で業務をスピードアップ――SharePoint機能詳解「ワークフロー」編
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/29/news010.html>
・内部統制に向けた現実解――SharePoint機能詳解「ポリシー管理」編
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/30/news008.html>


・MS、Lotus Notes/Dominoからの移行ツールをアップデート
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/06/news031.html>
・ドキュメント管理機能を一新したSharePoint Server 2007
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/19/news021.html>
・Officeとの連携が最大の強みとなるか、SharePoint Server 2007
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/23/news077.html>


○ThinkIT の徹底比較!! グループウェア
・第1回:変革するグループウェア〜普及までの経緯と現在
<http://www.thinkit.co.jp/free/article/0702/10/1/>
・第3回:アプリケーション連携によって柔軟な対応ができる「Exchange Server」
<http://www.thinkit.co.jp/free/article/0702/10/3/>
・第9回:進化するグループウェア
<http://www.thinkit.co.jp/free/article/0702/10/9/>

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | リソース

ITmedia の SharePoint Server 2007 関連の記事

 ITmedia エンタープライズは、SharePoint Server 2007 関連の記事が立て続けに掲載されている感じがします。

こういう記事が増えて、SharePoint Server 2007 の導入機運が盛り上がり、いろいろな活用事例やソリューションが増えてくることを期待したい。

・ドキュメント管理機能を一新したSharePoint Server 2007
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/19/news021.html>
・Officeとの連携が最大の強みとなるか、SharePoint Server 2007
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/23/news077.html>

最初の記事は、ドキュメント管理機能に関するものです。
ドキュメント管理のプラットフォームとしての位置付けや MOSS 2007 での機能とアーキテクチャ、ドキュメントライブラリの強化点、コンテンツタイプや標準ワークフロー機能、ドキュメント管理に特化した「ドキュメントセンター」というサイトテンプレート、ドキュメントコンバータについての簡単な解説となっています。

2番目の記事は、Office 2007 との連携にフォーカスした、ドキュメント管理機能に関するものです。
最初に、メタデータ入力に関連してドキュメント情報パネル、オフライン機能、他のドキュメント管理製品との優位点、利用する上での注意点がまとめられています。 注意すべきは、最後に書かれている要件ですね。
Windows Server 2003 については SP1 以降が必要、SQL Server 2000 については SP3a 以降が必要なはずです。

・Determine hardware and software requirements (Office SharePoint Server)
<http://technet2.microsoft.com/Office/en-us/library/3e3b8737-c6a3-4e2c-a35f-f0095d952b781033.mspx?mfr=true>

これらの記事は、エンタープライズ:エンタープライズコンテンツ管理の特集に連動しているんでしょうかね。

・ITmedia エンタープライズ:エンタープライズコンテンツ管理――情報をしっかり管理、バッチリ活用!
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/special/0702/ecm/>

そう言えば、Directions on Microsoft 日本語版は、いつの間にかオンライン化されていたんですね・・・ 道理で、最近、雑誌自体を見掛けなくなった訳だ。

・Windowsストラテジー by Directions on Microsoft (ITmedia エンタープライズ)
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/windows/>
・Directions on Microsoft 日本語版
<http://www.mediaselect.co.jp/dom/>

MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | オンライン記事

コンプライアンス時代のマストアイテム!エンタープライズコンテンツ管理 まだまだ続く

 引き続き、記事の追加が続いています。

前回、まだ続く可能性があると書きました。 (→ コンプライアンス時代のマストアイテム!エンタープライズコンテンツ管理 さらに続き)
しかし、予想していた「文書の運用管理設定」についてではなく、ライブラリの個々の機能に関する記事が続きました。 そう〜来たか!という感じ。

今週分は、「コンプライアンス時代の情報管理 Microsoft Office SharePoint Server 2007 活用ガイド」の中の「Microsoft Office SharePoint Server 2007 機能詳解」から、「PART.02 ドキュメントライブラリ」の部分を3回に分けて掲載されています。

・文書のライフサイクル管理を支援する「ドキュメントライブラリ」
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/20/news008.html>
・PowerPointファイルの共有を支援する「スライドライブラリ」
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/22/news008.html>
・制御していることすら気付かない――アクセス権限をスムーズに管理
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/23/news009.html>

ムックではモノクロ記事でしたが、オンラインムック Plus では画面がカラーで掲載されているので良いですね。

・ITmedia エンタープライズ:エンタープライズコンテンツ管理――情報をしっかり管理、バッチリ活用!
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/special/0702/ecm/>

MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | オンライン記事

2007年03月23日

ちょいテク: 個人用サイトのリンクの非表示化

 そう言えば、最近、テクニック系の記事を書いてなかったな〜 っと思いつつ。

MOSS 2007 では、通常、構成を行うと「個人用サイト」が利用可能になっていると思います。
実際に、サイトコレクションを作成して、そのサイトコレクションのトップレベルサイトのホームページにアクセスすると、右上に、「個人用サイト」と「個人用リンク▼」のリンクが表示されていると思います。

mysite_disable_link1.png

個人用サイトについては、実際にユーザーがアクセスしない限り、実体となるサイトコレクションは作成されませんが、MOSS 2007 の利用始めでは個人用サイト自体を使わない場合もあると思います。 いろいろな機能が使えてしまうと、エンドユーザーからの無用な問い合わせがあったりしますからね。

そこで、個人用サイトのリンクを非表示にする方法についてです。
MOSS 2007 では、アクセス権に基づくユーザーインタフェースが構成されています。 そこで、個人用サイトを利用するための権限の設定を変更することで実現することが出来ます。

設定方法は以下の通りです。

・「サーバーの全体管理」ページにて、左側サイドリンクバー上の「共有サービス管理」の中の「<共有サービス名>」を選択します。
・「共有サービス管理: <共有サービス名>」ページにて、「ユーザー プロファイルと個人用サイト」セクションの中の「ユーザーの権限の設定」を選択します。
・「権限の管理: 共有サービスの権限」ページにて、ユーザー/グループの一覧の中から「NT AUTHORITY\Authenticated Users」をチェックボックスを選択して、ツールバー上の「選択したユーザーの削除」を選択します。
・「選択したユーザーの権限を削除してもよろしいですか?」ダイアログにて、「OK」ボタンを選択します。

これにより、非表示にすることが出来ます。

mysite_disable_link3.png

既定の NT AUTHORITY\Authenticated Users は認証済みユーザーを意味するものになります。 代わりに特定のユーザーを含むセキュリティ グループを作成して、追加した上で「個人用サイトの作成」と「個人機能の使用」を設定しておくことで、特定のユーザーのみに個人用サイトを利用させることも可能になります。

ちなみに、権限に基づくものなので、権限の無いユーザーが、直接、http://<サーバー名>/_layouts/MySite.aspx にアクセスしても、「エラー: アクセス拒否」となります。

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | テクニック

2007年03月22日

MOSS 2007 リソース.開発情報

2007.03.22 更新

◆日本語

・Office Developer Center: 2007 Microsoft Office System の開発者向け新機能 - サーバー
<http://www.microsoft.com/japan/msdn/office/future/servers/>
・SharePoint 製品とテクノロジ 技術資料一覧
<http://www.microsoft.com/japan/msdn/office/understanding/sharepoint.aspx>
・Office Developer Center
<http://www.microsoft.com/japan/msdn/office/>

・Microsoft Office SharePoint Server 2007 SDK (Online)
<http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/bb226703.aspx>
・Windows SharePoint Services 3.0 SDK (Online)
<http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/bb264594.aspx>

◆英語

・SharePoint Server 2007 Developer Portal
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/office/aa905503.aspx>
・Windows SharePoint Services Developer Center
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/sharepoint/default.aspx>
・Office Developer Center
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/office/default.aspx>

・Microsoft Office SharePoint Server 2007 SDK (Online)
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb187385.aspx>
・Windows SharePoint Services 3.0 SDK (Online)
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa902527.aspx>
・Microsoft Office SharePoint Server 2007 SDK (Download)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=6D94E307-67D9-41AC-B2D6-0074D6286FA9&displaylang=en>

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 03:10| Comment(0) | TrackBack(0) | リソース

MOSS 2007 SDK & WSS 3.0 SDK の日本語オンライン版

 おいおい、何時から公開だよ・・・

2007年1月22日に Microsoft Office SharePoint Server 2007 SDK と Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 SDK の英語のダウンロード版が公開 (→ MOSS & WSS SDK 公開されました) されていますが、日本語版は提供されるのだろうかと思っていました。
確か、ひと目でわかる Microsoft Office SharePoint Server 2007 (→ ひと目でわかる Microsoft Office SharePoint Server 2007 ついに発売!!) には、近日中に日本語版がリリース予定と書いてありました。

で、その日本語版が、何といつの間にか公開されています!!
MOSS 2007 開発屋さん必見です。

・Microsoft Office SharePoint Server 2007 SDK
<http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/bb226703.aspx>
・Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 SDK
<http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/bb264594.aspx>

SDK の中の General Reference の部分が「全般的な参照情報」として、ほとんどが日本語化されています。
ちなみに、Class Library and Web Service Reference については、「クラス ライブラリおよび Web サービス リファレンス」となっていますが、流石に、こちらは日本語化されないよなと、期待せずに幾つかを開いてみると・・・

なんと、日本語化を進めようとしている節が見られます!!!
MOSS 2007 & WSS 3.0 になって、クラスが大幅に増えているので、全てを確認している訳ではありませんが、Web サービスの部分は日本語化されている部分が多いように思われます。 流石に、クラス部分は非常に多いので、まだまだのようです。 まぁ、そもそも、本家の英語版の SDK 自体、クラス ライブラリの部分では説明もサンプルコードもほとんど無くて、どうやって使えば良いのか判らないのが多いので、日本語化できる範囲が少ないとも言えます。

クラス ライブラリおよび Web サービス リファレンスの部分はともかく、全般的な参照情報については、MOSS 2007 での開発を行う上で知っておいた方が良い情報が多く含まれているので、取っ掛かりの情報として、読んでおくことが必須ですね。

難点は、読み物としてのボリュームが結構あるので、早く、ダウンロード版も公開して欲しいものです。
そうすれば、オフラインで何時でも、どこでも読めるので・・・

MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発情報

今週 (2007/03/12) の MOSS 2007 & WSS 3.0 Technical Library アップデート

 今回のアップデートは、反映されるまでに1週間以上掛かっている気がします・・・

この週 (3/12) のアップデートでは、4つの記事が更新されているようです。
今回のアップデートのポイントは、Windows NT 4.0 ドメイン環境には構成出来ない点が追記されています。 つまり、ドメイン環境への構成には Active Directory が必要になるということのようです。

更新記事:

・Deploy in a simple server farm (Office SharePoint Server)
<http://technet2.microsoft.com/Office/en-us/library/356d3a0b-fc26-455c-9afb-6d2ffdceef841033.mspx?mfr=true>
MOSS 2007 でのサーバーファームを構築する際の手順のサマリです。

・Determine hardware and software requirements (Office SharePoint Server)
<http://technet2.microsoft.com/Office/en-us/library/4d88c402-24f2-449b-86a6-6e7afcfec0cd1033.mspx?mfr=true>
MOSS 2007 でのハードウェアおよびソフトウェア要件です。


・Deploy in a simple server farm (Windows SharePoint Services)
<http://technet2.microsoft.com/windowsserver/WSS/en/library/58d28a34-7a84-4564-a4cb-0e6b5425f67e1033.mspx?mfr=true>
WSS 3.0 でのサーバーファームを構築する際の手順のサマリです。

・Determine hardware and software requirements (Windows SharePoint Services)
<http://technet2.microsoft.com/windowsserver/WSS/en/library/dcdb7f80-5d48-4b7c-9cb5-affa5f2936531033.mspx?mfr=true>
WSS 3.0 でのハードウェアおよびソフトウェア要件です。

MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術情報

MOSS 2007 リソース.技術情報

2007.03.22 更新

◆日本語

・Microsoft Office SharePoint Server TechCenter
<http://www.microsoft.com/japan/technet/prodtechnol/office/sharepoint/default.mspx>
・SharePoint Server 2007 テクニカル ライブラリ (2007 Microsoft Office system IT プロフェッショナル用ヘルプ ファイル)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=D6A4B8AB-B326-46AF-9708-A81CDE83AA18&displaylang=ja>

・2007 Office System Beta 2 の IT プロフェッショナル向けコンテンツ
<http://www.microsoft.com/japan/technet/prodtechnol/office/beta.mspx>

・Windows SharePoint Services - Windows Server 2003
<http://www.microsoft.com/japan/technet/windowsserver/sharepoint/default.mspx>
・Windows SharePoint Services 3.0 テクニカル ライブラリ (2007 Microsoft Office system IT プロフェッショナル用ヘルプ ファイル)
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=D6A4B8AB-B326-46AF-9708-A81CDE83AA18&displaylang=ja>

・Microsoft Office System TechCenter
<http://www.microsoft.com/japan/technet/prodtechnol/office/default.mspx>

・Microsoft Office SharePoint Server 2007 サポート ページ
<http://support.microsoft.com/ph/11373>

◆英語

・Microsoft Office SharePoint Server TechCenter
<http://www.microsoft.com/technet/prodtechnol/office/sharepoint/default.mspx>
・SharePoint Server 2007 Technical Library
<http://technet2.microsoft.com/Office/en-us/library/3e3b8737-c6a3-4e2c-a35f-f0095d952b781033.mspx?mfr=true>

・Windows SharePoint Services in Windows Server 2003
<http://www.microsoft.com/technet/windowsserver/sharepoint/default.mspx>
・Windows SharePoint Services 3.0 Technical Library
<http://technet2.microsoft.com/windowsserver/WSS/en/library/700c3d60-f394-4ca9-a6d8-ab597fc3c31b1033.mspx?mfr=true>

・Microsoft Office System TechCenter
<http://www.microsoft.com/technet/prodtechnol/office/default.mspx>

・Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 Support Page
<http://support.microsoft.com/ph/12200>

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | リソース

MOSS 2007 リソース.製品情報

MOSS 2007 リソース
2007.04.29 更新

◆日本語

・Microsoft Office SharePoint Server ホーム ページ - Microsoft Office Online
<http://office.microsoft.com/ja-jp/sharepointserver/FX100492001041.aspx>
・Microsoft Office SharePoint Server for Search ホーム ページ - Microsoft Office Online
<http://office.microsoft.com/ja-jp/sharepointsearch/FX101729721041.aspx>
・Windows SharePoint Services テクノロジ ホーム ページ - Microsoft Office Online
<http://office.microsoft.com/ja-jp/sharepointtechnology/FX100503841041.aspx>
・Microsoft GroupBoard Workspace ホーム ページ - Microsoft Office Online
<http://office.microsoft.com/ja-jp/groupboard/FX101486471041.aspx>
・Microsoft Office SharePoint Designer ホーム ページ - Microsoft Office Online
<http://office.microsoft.com/ja-jp/sharepointdesigner/FX100487631041.aspx>

・Microsoft SharePoint : SharePoint 製品とテクノロジを使って、人とプロセスと情報を結合
<http://www.microsoft.com/japan/sharepoint/default.mspx>

・Microsoft Office SharePoint Server 2007 試用版
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=2e6e5a9c-ebf6-4f7f-8467-f4de6bd6b831&DisplayLang=ja>
・Microsoft Office SharePoint Server 2007 Trial Version (x64) - 日本語
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=3015fde4-85f6-4cbc-812d-55701fbfb563&DisplayLang=ja>

◆英語

・SharePoint Server Home Page - Microsoft Office Online
<http://office.microsoft.com/en-us/sharepointserver/FX100492001033.aspx>
・SharePoint Server for Search Home Page - Microsoft Office Online
<http://office.microsoft.com/en-us/sharepointsearch/FX101729721033.aspx>
・Windows SharePoint Services technology Home Page - Microsoft Office Online
<http://office.microsoft.com/en-us/sharepointtechnology/FX100503841033.aspx>
・SharePoint Designer Home Page - Microsoft Office Online
<http://office.microsoft.com/en-us/sharepointdesigner/FX100487631033.aspx>

・Microsoft SharePoint Products and Technologies
<http://www.microsoft.com/sharepoint/default.mspx>

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | リソース

2007年03月21日

今週 (2007/03/05) の MOSS 2007 & WSS 3.0 Technical Library アップデート

 今まで見落としていましたが、WSS 3.0 Technical Library も毎週アップデートされていたようです。

ということで、今回から、Office SharePoint Server 2007 Technical Library と Windows SharePoint Services 3.0 Technical Library の両方のアップデートを追い掛けようと思います。

・Newly published content for Office SharePoint Server 2007
<http://technet2.microsoft.com/Office/en-us/library/3e3b8737-c6a3-4e2c-a35f-f0095d952b781033.mspx?mfr=true>
・Newly published content for Windows SharePoint Services
<http://technet2.microsoft.com/windowsserver/WSS/en/library/8a9690e4-6917-4aab-82ce-cdbe989a20531033.mspx?mfr=true>

タイトルは今週となっていますが、少々忙しくて、2週間前のアップデート分です。

この週 (3/05) のアップデートでは、4つの新しい記事が公開されているようです。
記事の数はちょっと少なめですね・・・ でも、Excel Services のステップバイステップガイドはかなりボリュームがあります。

新着記事:

・Plan e-mail message records retention
<http://technet2.microsoft.com/Office/en-us/library/8f752e21-b5af-4ed1-b48e-26a72a6d3eaf1033.mspx?mfr=true>
電子メールの MOSS でのレコード管理の計画に関するトピックです。 Exchange Server 2007 を利用している場合には、MOSS 2007 のレコード管理と連携により、電子メールのポリシーベースのジャーナルが利用可能になります。

・White papers: Excel Services step-by-step guides
<http://technet2.microsoft.com/Office/en-us/library/eea3ace8-0863-429a-b1e8-041254ed2fc41033.mspx?mfr=true>
Excel Services 機能を利用するための構成や設定に関するステップバイステップによるガイド 10個へのリンクになっています。 Excel Services を活用する際に有用な資料です。


・Installing application templates for Windows SharePoint Services 3.0
<http://technet2.microsoft.com/windowsserver/WSS/en/library/a8a4d451-1d24-49c8-b679-e6453a18715c1033.mspx?mfr=true>
先日公開されたアプリケーション テンプレートに向けたインストールガイドです。 サイト管理者及びサーバー管理者の両方のガイドが含まれています。

・Create quota templates (Windows SharePoint Services)
<http://technet2.microsoft.com/windowsserver/WSS/en/library/6d984258-158b-40d5-b4a5-cdb2cfe8e5f31033.mspx?mfr=true>
サイトコレクションに適用可能なクォータ テンプレートの作成手順です。

MOSS 2007 リソース

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術情報

ひと目でわかる Microsoft Office SharePoint Server 2007 を読んでみて

 一通り、読み通してみました。

基本的な書評はこちらの通りです。 (→ ひと目でわかる Microsoft Office SharePoint Server 2007 ついに発売!!)

改めて読み直してみると、レコード管理をはじめとして、InfoPath Services や Excel Services などの新たに追加された機能、SharePoint Designer 2007 によるワークフロー、細かいところでシングルサインオンの機能に触れていたりして、広く浅くではありますが、意外と良く出来た本だなと実感しました。

改めて、SharePoint Server 2007 入門書としてお勧めします。

さて、気になる点も幾つかあります。

最も致命的?なのは、削除したサイトはごみ箱に移り、復元することが可能という記述です。
→ P65 ヒント「ごみ箱の利用」、P322 ヒント「削除したサイトはごみ箱に移される」

サイトやサイトコレクションは削除すると、その時点で消え去ります。
ちなみに、ごみ箱で救われるのは、こちらの通りです。 (→ ごみ箱で救われるもの)

そのうち、こちらに掲載されるかな〜

・訂正&アップデート @ 日経BPソフトプレス OnLine
<http://bpstore.nikkeibp.co.jp/nsp/teisei/index.html>

後は、少し説明が足りないかなと気になる点です。

受信メールの設定は、SMTP サービスのインストールだけでなく、SMTP サービスの構成が必要だということです。
→ P34 「受信メールを設定する」、P35 ヒント「受信メールとSMTP」

まぁ改めて言うまでも無いのですが、SMTP サービスをインストールして、MOSS 側の設定だけではメールが受信されるわけでは無いので・・・

1台構成で SQL Server Standard Edition 以上を利用する場合は、予め SQL Server をセットアップしておいてから、インストールの種類で「詳細設定」-「完全」を選択することで可能になります。
→ P4 SharePoint Server 2007のインストールの前に - 物理トポロジ

この辺になると、マニアック?な Tips という感じですね。
普段、持ち出し可能なノートPCによるデモ環境では、Active Directory を構成して、SQL Server 2005と同居させた1台で完結した形にしています。

参考までに。

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 16:57| Comment(6) | TrackBack(0) | レポート