2007年02月27日

.STP Language Converter を試してみる

 WSS 3.0/MOSS 2007 でも使えるかな? (→ .STP Language Converter)

ということで、早速、リリースされたばかりの (→ Community Kit for SharePoint User Group Edition 1.0 リリース) で試してみよう。

ツールの正式名称は「SharePoint Template Language Converter」というらしい。
起動してみたところ。

LanguageConverter1.png

そして、サイトテンプレートを開いて、言語を選択して、変換文字列を指定したところ。

LanguageConverter2.png

これで、「Create」ボタンを押すと、元のファイル名の後ろに言語IDを付けたファイルを出力します。
これが、言語IDを変換した結果のサイトテンプレートになります。

そこで、サーバー上で以下のようなコマンドを実行します。

>stsadm -o addtemplate -title "Community Kit" -filename "CKS_UGE_1.0 ja-JP.stp"

次いで、iisreset を実行します。
そうすると、「サイト コレクションの作成」ページにて、「テンプレートの選択」セクションの中に、「ユーザーの設定」タブが追加されていることが判ります。

SelectTemplates1.png

更に、実際に Community Kit サイトテンプレートに基づいて、サイトを作成してみました。

CommunityKitUserGroupEdition10.png

す、素晴らしい、ちゃんとサイトが作れました。
作成した直後は左上のロゴは正しく表示されません。 恐らく、言語IDが異なるからだと思われます。
「Getting Started with the CKS」リストの「Getting Started with the CKS」アイテムに従って設定を行うと Community Kit for SharePoint User Group Edition 1.0 のロゴが表示されるようになります。

いや〜試してみるもんだ。 サイトテンプレートのスキーマは WSS 2.0 から変わっていないようです。 とりあえず、WSS 3.0/MOSS 2007 向けのサイトテンプレートでも利用出来るようです。
こりゃ、なかなか使えます!!
そのうち、英語版しか公開されていないサイト管理者テンプレートも試してみようかと思います。

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 04:37| Comment(0) | TrackBack(0) | レポート

Community Kit for SharePoint User Group Edition 1.0 リリース

 つい先日リリース候補版が公開されたと思ったら・・・

以前にプロジェクトだけ紹介した (→ Community Kit for SharePoint) ですが、バージョン 1.0 がリリースされたようです。
こちらからダウンロード出来ます。

・Release UGE 1.0 Production
<http://www.codeplex.com/CKS/Release/ProjectReleases.aspx?ReleaseId=1926>
・CodePlex - CKS
<http://www.codeplex.com/CKS/>

デモサイトはこちらにあります。

・Community Kit for SharePoint User Group Edition 1.0 デモサイト
<http://sharepoint.microsoft.com/sharepoint/cks/uge/default.aspx>

ダウンロード可能なのは .stp ファイルのみ!
当然ですが、英語版なので日本語版環境では使えませんね・・・

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール

.STP Language Converter

 ふむ、こ〜いうツールがあったのか〜

通常、サイトテンプレートは言語IDが埋め込まれているので同じ言語環境でしか利用出来ません。
このツールは、サイトテンプレートの言語IDを書き換えてくれるようです。

・.STP Language Converter
<http://www.kwizcom.com/ContentPage.asp?PageId=165>

これがあれば、英語版のサイトテンプレートでも日本語環境で簡単に使えるようになりますね。
もっと早く知っていれば・・・

ちなみに、.stp ファイルは拡張子を .cab に変えると中身が見られるって知ってました?
サイトテンプレートの定義の実体は manifest.xml なんですよね。

banner-tbp-sharepoint.gif
posted by kunitaka at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール