2006年12月19日

WSS 3.0、MOSS 2007 関連の MCP 試験

 アメリカじゃ早くも WSS 3.0 と MOSS 2007 に関する MCP のベータ試験が始まっているようです。 流石です。

日本ではいつ始まるんでしょうかね。
SharePoint が飯の種である以上、要チェックですね。

MCSE を取得した時のように、普段ほとんど触れない Active Directory 設計だの、グループポリシーや証明書の勉強よりは、よっぽど身近で勉強にも身が入ると思うんですよね・・・

構築系:
・TS: Office SharePoint Server 2007, Configuring
<http://www.microsoft.com/learning/exams/70-630.mspx>
・TS: Windows SharePoint Services 3.0, Configuring
<http://www.microsoft.com/learning/exams/70-631.mspx>

開発系:
・TS: Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 - Application Development
<http://www.microsoft.com/learning/exams/70-541.mspx>
・TS: Microsoft Office SharePoint Server 2007 - Application Development
<http://www.microsoft.com/learning/exams/70-542.mspx>

posted by kunitaka at 03:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

MOSS 2007 での多言語対応

 MOSS 2007 では多言語対応は強化されています。
より詳しい情報はこちらのホワイトペーパーがとても詳しいです。

・White paper: Plan for building multilingual solutions
<http://technet2.microsoft.com/Office/en-us/library/87065c9d-d39d-479d-909b-02160ec6d7791033.mspx>

サイトという観点では、大きく、以下の2つのパターンが構成可能です。

  • サイトコレクション又は(サブ)サイト毎に異なる言語
    これは、WSS 2.0/SPS 2003 でも実現されていたもので、WSS 3.0/MOSS 2007 では、更に、サブサイト単位で言語を変えることが可能になりました。
    このパターンでは、サイトコレクション又は(サブ)サイト毎に言語を選択可能ですが、単一言語での構成となります。
  • サイトコレクション内で同一コンテンツによる多言語構成
    MOSS 2007 にて強化されたもので、バリエーションという機能を利用します。
    このパターンでは、サイトコレクション内で同一サイト構成、コンテンツ内容で複数の異なる言語による構成となります。 いわゆる、グローバルサイトを構成することが出来るようになったということですね。 但し、コンテンツ内容が自動的に翻訳される訳では無いので、念の為。 マニュアルで対応する必要があります。

ちなみに、このバリエーションは、多言語サイトだけでなく、例えば、同一サイトでパソコン向け、携帯電話向けなどの複数デバイス対応のサイトを構成する際にも利用出来るようです。

バリエーションについては、MSDN のこちらの記事も参考になります。

・Customizing and Branding Web Content Management-Enabled SharePoint Sites (Part 3 of 3): Creating and Configuring WCM-Enabled Sites
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa830817.aspx>
Creating Site Variations のトピックになります。

posted by kunitaka at 02:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 技術情報

言語パックについて

 WSS 3.0/MOSS 2007 では、言語パックがどうやら2種類あるようです。
2種類とは、Windows SharePoint Services Language Pack と Office Server Language Pack で、前者は、WSS 3.0 専用。 そして、後者は、MOSS、MOSS for Search、Forms Server、Project Server 用とのことです。

情報ソースはこちらです。

・2007 Office system -- server products language offerings
<http://blogs.msdn.com/sharepoint/archive/2006/08/17/2007-office-system-server-products-language-offerings.aspx>

MOSS 上にも、Windows SharePoint Services Language Pack がセットアップ出来ちゃうんでしょうか?

・Windows SharePoint Services 3.0 Language Pack
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=36ee1bf0-652c-4e38-b247-f29b3eefa048&DisplayLang=ja>

何か、問題が起こると良くないので、MOSS には、きちんと Office Server Language Pack を入れた方が良さそうです。
ちなみに、Office Server Language Pack については、ダウンロードサイトで公開されていないので、MSDN Subscription などから入手する必要があります。

posted by kunitaka at 01:23| Comment(2) | TrackBack(0) | メモ