2006年06月10日

SharePoint Server 2007 開発系リソースの続き

 SDK のコンパイル済み HTML ヘルプファイルバージョンです。

オンラインで参照するもの (→ SharePoint Server 2007 開発系リソース) も良いのですが、外出時などオフラインでは当たり前ですが参照出来ません。 こちらから、コンパイル済み HTML ヘルプファイルがダウンロード出来ます。

・SharePoint Server 2007: Software Development Kit
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=6D94E307-67D9-41AC-B2D6-0074D6286FA9&displaylang=en>
・Windows SharePoint Services V3: Software Development Kit
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=05E0DD12-8394-402B-8936-A07FE8AFAFFD&displaylang=en>

ちなみに中身は物凄いボリュームになっています。
SPS 2003 の頃の SDK は 6MB 程度でしたが、WSS V3 の SDK ですら 34MB もあります。 MOSS 2007 では 117MB になっています!
こりゃ、読むのも探すのも大変だ・・・

posted by kunitaka at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発情報

SharePoint ワークフローの紹介

 奇しくもワークフローで遊んでいた (→ MOSS 2007 でのワークフロー) 少し前に掲載されていたようです。

Office Document Lifecycle workflow チームのプログラムマネージャという人の記事がありました。

・Introduction to SharePoint Workflow!
<http://blogs.msdn.com/sharepoint/archive/2006/06/07/621210.aspx>

それによる、MOSS 2007 でフォーカスしているのは、ドキュメント志向ワークフローとヒューマンベースワークフローのようです。
標準装備のワークフローとしては以下が挙げられています。
  • 承認
  • フィードバックの収集
  • 署名の収集
  • 廃棄承認
  • 申請書ワークフロー
  • 翻訳管理
  • 案件管理
この中で、申請書ワークフロー (英語表記は Group Approval らしい) は東アジア市場向けらしいです。 組織構造に基づく複雑なワークフローは日本を含むアジア独特な文化なんでしょうかね。

その他に気になるものとして、ECM Starter Kit なるもののリンクがありました。

・Enterprise Content Management Starter Kit for 2007 Office System
<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=38ca6b32-44be-4489-8526-f09c57cd13a5&displaylang=en>

中には、ホワイトペーパーやサンプルコードが含まれていて、SharePoint ワークフローの Visual Studio プロジェクト・テンプレートも含まれているようです。

posted by kunitaka at 22:22| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記