2006年05月29日

気になる検索ソリューション (3)

 ちょっと前のマイクロソフトのニュースリリースを読み解いてみます。 こちらの記事 (→ 気になる検索ソリューション (2)) の更に続きです。

・Microsoft Enterprise Search Solutions Help Enable Effective Information Management
<http://www.microsoft.com/presspass/features/2006/may06/05-17EnterpriseSearch.mspx>

最後は、Enterprise Search Solutions と Windows Live Search についてです。

Windows Live Search は MSN 検索の後継サービスとして位置付けられているもので、以下のサイトでβ機能を試すことが出来ます。

・Windows Live Search
<http://www.live.com/>

そして、Casino というコードネームで呼ばれる Windows Live Search Desktop というツールが存在します。 これは、WDS (Windows Desktop Search) の後継バージョンと思われます。
WDS では、こちらの記事 (→ Windows デスクトップ サーチからの SPS 検索) で紹介したように、PC上のリソース、企業内のリソース、インターネット上のリソースの検索が可能ですが、WDS ではタブなどによる切り替えのそれぞれの検索に限定されていました。

・Windows Live Search takes to the desktop
<http://www.liveside.net/comments.php?catid=2&shownews=241>
・Windows Live Search on the Desktop!
<http://www.liveside.net/comments.php?catid=2&shownews=245>

これに対して、Windows Live Search Desktop では、全て又は任意のリソースの組合せによるシームレスな検索が実現されるようです。
つまり、Windows Live Search Desktop を通して、

・PC上のリソース検索 (Windows Vista では更に強化)
・MOSS 2007 にて強化される企業内リソース検索
・Windows Live Search にて刷新されるインターネット検索

これらのリソースが単一の入り口、UI から検索が可能になるということですね。
そして、これが CEO Summit にてビルゲイツが語ったことのポイントの1つである Enterprise Search Solutions のようです。

・Gates Advises CEOs: Software Puts Information to Work for People
<http://www.microsoft.com/presspass/press/2006/may06/05-17CEOSummit06PR.mspx>

このアプローチが正しいのかどうかは議論の余地はありますが、こちらのスクリーンショットを見る限りでは、検索条件の保存なども出来るようなので、なかなか良さそうです。

・Windows Live Search Desktop スクリーンショット
<http://www.mstechtoday.com/screenshots/search/SearchClient01.jpg>

ナレッジマネージメントという観点でも非常に気になる所です。

posted by kunitaka at 04:37| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

気になる検索ソリューション (2)

 ちょっと前のマイクロソフトのニュースリリースを読み解いてみます。 こちらの続きです。 (→ 気になる検索ソリューション (1))

・Microsoft Enterprise Search Solutions Help Enable Effective Information Management
<http://www.microsoft.com/presspass/features/2006/may06/05-17EnterpriseSearch.mspx>

次は、Microsoft Office SharePoint Server for Search 2007 についてです。

どうやら、SharePoint Server 2007 から検索機能を切り出した製品が登場するようです。 これは、Oracle Secure Enterprise Search 10g や Google Mini、Google 検索アプライアンスなどに対抗する意味合いがあるんでしょうか。

・Oracle Secure Enterprise Search 10g
<http://www.oracle.com/technology/products/oses/index.html>
・企業向けの Google 検索
<http://www.google.co.jp/enterprise/index.html>

ちなみに、SharePoint 2007 では、従来の SPS 2003 での SharePoint サイト、Web サイト、ファイル共有、Exchange パブリックフォルダ、Lotus Notes データベース、ユーザープロファイル (Active Directory) に加えて、LDAP V3 ディレクトリ、ビジネスデータカタログ機能によるデータベースや Web サービス経由での各種システム (SAP や Siabel など) の検索が可能になるようです。

これに対して、Microsoft Office SharePoint Server for Search 2007 では、中規模の企業や部門単位での導入向けにファイル共有、Web サイトの検索機能に特化したサブセットとして登場するようです。 大企業での会社全体での導入はともかく、比較的小さい規模での導入では、ファイル共有とWeb サイトの検索だけで十分という所なんでしょうか。
ライセンス体系や価格などが気になる所です。

posted by kunitaka at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

気になる検索ソリューション (1)

 ちょっと前のマイクロソフトのニュースリリースを読み解いてみます。

・Microsoft Enterprise Search Solutions Help Enable Effective Information Management
<http://www.microsoft.com/presspass/features/2006/may06/05-17EnterpriseSearch.mspx>

最初は、Knowledge Network についてです。

SPS 2003 でも、KnowWho というキーワードで、ユーザープロファイル情報の検索がありましたが、SharePoint 2007 では更に人と人の結びつきにフォーカスした機能の強化が見られるようです。
これを更に強化するのが、Knowledge Network for Microsoft Office SharePoint Server 2007 というアドオンのようです。

・Knowledge Network for Microsoft Office SharePoint Server 2007
<http://www.microsoft.com/office/preview/servers/sharepointserver/kn.mspx>

形式化されていない知識、人の頭にある暗黙知に辿りつくためのアプローチを、ソーシャルネットワークに求めたわけですね。 実際に会社の中でも、組織的な人の繋がりよりも、組織に関係無い人の繋がりの方が得てして重要だったりしますので、意外と的を得ているのかも知れません。 ただ、それを実際にシステム上に構築するかというと、どうなんでしょうかね。
でもまぁ、一応、その辺りは考えているようです。

・Microsoft Knowledge Network Team Blog
<http://blogs.msdn.com/kn/>

Knowledge Network にはクライアントツールがあって、Outlook のメールフォルダからメールを拾って、分析を行ってそれを展開してくれるようです。 なんか面白そうです。
日本には、独自のパーソナル リレーションシップ マネージメント ソフトウェアとして InterConnect という製品があります。

・InterConnect 2004
<http://www.microsoft.com/japan/office/iconnect/prodinfo/default.mspx>

ちなみに、InterConnect 2007 では、「人」と「情報」を結び付けて、それらを効率よく活用するためのソフトウェアと位置付けられているようです。 日記帳なんて機能が加えられているようですが、どうせなら、OneNote や Knowledge Network と連携すれば、より良くなるようにも思ったりします。

・Microsoft Office InterConnect 2007 製品情報
<http://www.microsoft.com/japan/office/preview/programs/iconnect/highlights.mspx>

ところで、Knowledge Network って、日本語版はリリースされるのだろうか? 面白そうなアドオンって、意外と日本語化されなかったりするからな〜

posted by kunitaka at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ