2006年03月04日

フォーム Web パーツのドロップダウンリストボックス化

 既定では、テキストボックスと移動ボタンで構成されている、フォーム Web パーツをアレンジする方法です。
フォーム Web パーツは、Web パーツ間接続によって、別の Web パーツの一覧内容をフィルタリングする際に利用可能ですが、いちいちテキストボックスに入力して、移動ボタンを押すのは面倒くさいということで、ドロップダウンリストボックスから選択肢を選んで実行させるための、ちょっとした Tips です。

といっても、非常に簡単なことです。
フォーム Web パーツにて「共有 Web パーツの変更」から「フォーム コンテンツ エディタ」プロパティの「ソース エディタ」ボタンを選択して、「Web ページ ダイアログ」に、以下のような内容を入力します。
<select name="T1" OnChange="javascript:_SFSUBMIT_">
<option value="">選択して下さい
<option value="<値1>">表示する値1
<option value="<値2>">表示する値2
<option value="<値3>">表示する値3
</select>
<値1> と 表示する値1 の部分は適宜書き換えて下さい。
これにより、選択肢を選択すると、接続先の Web パーツ内の表示が変わります。

こちらにも、説明が少々載っています。

・Form Web Part custom properties
<http://office.microsoft.com/en-us/assistance/HA011609211033.aspx>

posted by kunitaka at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | テクニック

SharePoint Import Export tools

 サイト間でのデータのインポート/エクスポートに利用可能なツールです。
テンプレート機能を使うことで、データ容量が 10MB までなら別のサイトにデータを移行することが出来ますが、サイト定義ID が異なるサイト、エリア間では移行することが出来ません。

・カスタム リスト テンプレートは、「ページを作成するための」サイトのページの表示されません。
<http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja-jp;825215>

また、stsadm コマンドではサイトコレクション単位での以降しか出来ません。
特定のリストやライブラリをサイトやエリアを跨いで、どうしてもデータを移行したい時に利用出来るのがこちらのツールです。

・SharePoint Import Export tools and other utilities
<http://www.gotdotnet.com/workspaces/workspace.aspx?id=6996fb17-2a54-4607-983b-35c7697baa53>

このツールはまだベータ版のようですが、なかなか良く出来ています。 ポータルサイトとチームサイト間でのデータの移行も可能ですし、リスト定義、リストアイテム、リストビュー、そして日本語の扱いを含めて、問題なくインポート/エクスポートが出来るようです。 作成・更新日時等も継承されます。
気になるのは、オリジナルの「すべてのアイテム」ビューとは別に、エクスポート元でカスタマイズ設定を行った同じ名前の「すべてのアイテム」ビューが追加されてしまうこと、チームサイトからポータルサイトに移行した時だけ、エクスポートを実行したユーザー情報と日時で更新されてしまうことでしょうか。

・SharePoint Importer
SharePoint Importer.PNG

・SharePoint Extractor
SharePoint Extractor.PNG

posted by kunitaka at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール